FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NVIDIA GeForceシリーズが再びネーミング変更?

TechConnect Magazine Nvidia said to be going for a new naming scheme, again
GeForceシリーズの命名規則が再び変更となるようですね。
現在はGeForce GTX 295というようにGTXでハイエンドやローエンドなど大まかな位置づけを表し、下の数字で型番を表していますが、このGTXやGTSという文字が無くなるようですね。
GeForce 295という風に非常にシンプルな型番になりますね。
しかしメインストリームやハイエンドというような大まかな位置づけがなくなるのはそれはそれで分かりにくい気もしますね
今は分かりやすいかもしれませんが、世代交代で200シリーズと300シリーズの比較が必要になる場面も多いでしょうし、直感で分かりにくくなるかもしれません。

NVIDIA GT300のクロックについて

Expreview NVIDIA’s G300 Clockspeeds Leaked Out
G300?
GT300のスペックがリークしたようです。

GT300
(700MHz/1600MHz/4400MHz/GDDR5/512bit/????MB/512sp)

やはりクロックも高く、非常に性能が高そうですね。
理論値の性能は2457GFlopsにもなり、Radeon HD 5870の2.16TFlopsを1割以上超える事になります。
512spや512bitバスでGDDR5というのがかなり効いていそうですね。
登場が楽しみです。

GT300のダイサイズなど

Expreview NVIDIA’s GT300 Packs More Transistors on Smaller Space?
GT300のスペックの情報が出ていますね。
sp数は512となり、バス幅も512bitになっています。
かなりのモンスタースペックですね。
高い性能が期待できそうです。
ダイサイズは495mm2となり、トランジスタ数は24億となるようです。
sp数の増加やバス幅などでGT200の14億と比べてかなりトランジスタ数は増えていますが、40nmのシュリンクの効果は大きくダイサイズは80mm2ほど小さくなっています。
それでも巨大コアですが・・・

GeForce GTX 275とRadeon HD 4890の比較レビュー

HARDSPELL Against HD4890: NVIDIA GTX275 full review!
かなり詳細なGeForce GTX 275とRadeon HD 4890の比較レビューが掲載されています。
GTX 285やGTX 260+も同時に比較されていますね。

Radeon HD 4890の性能があまり良くないですね・・・
高負荷の環境ではそれなりに差を詰めていますが、基本的にはGeForce GTX 260+よりも少々性能が高いぐらいですね。
ゲームによっては非常に落ち込んでしまっているものもあります。
安定した性能を得るならGeForce GTX 275の方が良さそうですね。

消費電力については、アイドルではGeForce GTX 275の方が20Wほど低いですが、ロード時には50W近く低くなっています。
OCでは何故かGeForce GTX 275しか触れられていませんね。
かなり耐性はあるようで、ゲームによってはGeForce GTX 285を越えることも可能なようです。

Green Edition? "GF9600GT-E512HW/HD/GE"のレビュー

4Gamer “噂の”低消費電力版GeForce 9600 GTを検証する
Palitの補助電源無し版GeForce 9600GTに引き続き、玄人志向からも補助電源の無い"GF9600GT-E512HW/HD/GE"が発売されたようです。
今回はどうやらGreen Editionのようで、NVIDIAのホームページにも公称消費電力59Wと書かれているようです。
"Green Editon"とは書かれていませんが、スペック的にはGreen Editionと呼ばれていたものでしょう。
クロックも下がっていますしね。

消費電力については、普通のGeForce 9600GTよりも1割以上下がっていますね。
やはりクロックというよりはコア電圧が下がっていることが大きいようです。
コア温度はクーラーが異なるので一概には言えませんが、特に熱いというわけでもないので大丈夫みたいですね。
ファンは高負荷をかけない限りは定格の34%で回っているらしく、静かなようです。
性能はPalitと同じぐらいで、やはりクロックの分だけは性能は落ちているようです。

価格は約12000円と少々割高感は否めないですね。
Radeon HD 4670と比べると性能を取るか、価格を取るかという所です。
既存の9600GTと比べると1割ほどの消費電力の低下に見合う価格差なのか、考えどころですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。