FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radeon HD 5970について

Expreview Radeon HD 5970 Ready to Offer Massive Overclocking Headroom
Fudzilla Radeon HD 5970 dual-GPU launches Nov. 18th
デュアルコアGPUであるRadeon HD 5970についての情報が出ています。
今までRadeon HD 5900シリーズと出ていましたが型番が決まったようですね。
スペックも判明しています。

Radeon HD 5970
(725MHz/4000MHz/256bit x2/GDDR5/2GB/3200sp/294W/$599)

トランジスタ数は合計43億、3200sp、4.64TFlopsとかなりのスペックですね・・・
HD 5870と比較するとクロックは落とされており、HD 5850とほぼ同じスペックのコアが2つ搭載されているようですね。
1枚の基板に2つのZGPUが搭載されています。
また、OCに関しても1GHz/6Gbpsまで設定が可能となっており、実際には不可能でしょうが耐性は高そうなことが覗えますね。
消費電力的には相当厳しそうですが・・・

"Bulldozer"と"Bobcat"の概要が発表

PC Watch AMDが次期アーキテクチャ「Bulldozer」と「Bobcat」の概要を明らかに
PC Watch AMD、2011年までのクライアントロードマップを公開
PC Watch AMD、Bulldozerアーキテクチャを公開
4Gamer AMD,次世代CPUアーキテクチャ「Bulldozer」「Bobcat」の概要を公開
BulldozerおよびBobcatの概要がついに発表されました。
また、2011年からヘテロジニアスCPU時代に突入すると宣言したようですね。
まずはBulldozerについてですが、クラスタードアーキテクチャを採用するようですね。
CPUコアがクラスタ化されており、浮動小数点演算ユニットや命令デコーダなどのリソースが2つのコア/スレッドで共有されているようです。
CPUコアは浮動小数点演算はアイドルの状態が多く、整数演算パイプがビジーになるようなので競合の起こる整数演算パイプを二重化し、競合の少ない浮動小数点演算パイプは共有にしたようですね。
また、CPUのリソースを50%増やすとスループットが80%向上するようで、かなり効率がいいですね。
その他もさまざまな改良がされています。

一方Bobcatですが、Atomとはかなり異なっておりOut-of-Orderを採用していますね。
また、現在のメインストリームの90%のパフォーマンスを50%のダイサイズで実現するようです。
Atomの対抗としては非常に性能は高そうですが、システム全体の消費電力なども気になりますね。

また、GPUを搭載した"Llano"についても触れられています。
2011年の早期に32nmCPUとして登場するようですね。
統合されるCPUやGPUはK10系やDirectX 11ベースのものと、熟成した技術が使用されているようです。
ダイ写真も掲載されていますが、Propusとほぼ同じサイズで、価格もほとんど同じようですね。
その他ロードマップも更新されているようで、詳細はPC Watchの方を参照してください。

Radeon HD 5870/5750が若干の値上げへ

hermitage akihabara 「いずれにせよ、なければ意味ない」(11/6)
Radeon HD 5870/5850の品薄は深刻のようで、値上げが実施されるようです。
値上げ幅は1000円程度と大きくなく、店頭価格に反映されるかは不明ですが、こういう値上げはちょっと珍しい気もしますね。
性能は良いと思いますが、やはり数が出ないと困りますね・・・
Windows 7の登場もあってやはり人気が高いみたいです。

Radeon HD 5770のCrossFireXでのベンチ

4Gamer 「ATI Radeon HD 5770」CrossFireXテスト。2万円のカード2枚でHD 5870に迫れるか?
Radeon HD 5770のCrossFireXのベンチ結果が出ています。
現在Radeon HD 5700が2枚とHD 5870がほぼ同じ価格なので性能の比較をしていますね。
まずは消費電力についてですが、今回使用されているレビュワー向けのドライバではCrossFireX向けの動作ステートに移行せず、消費電力が高めになっていますね。
今後のドライバの対応により解消されることでしょうが、現在はHD 5870よりもHD 5770CFXの方が20~50Wほど高くなっています。
発熱量も結構高めで、エアフローには配慮しないといけないみたいです。

性能については非常に優秀で、しっかりと単体と比較して向上していますね。
1.5倍から2倍近くになっているものも多いです。
ゲームによってはHD 5870を超えるものも多くあり、平均するとほぼ五分五分でしょうか。
今買うならHD 5870を1枚の方が良いですが、将来的にアップグレードすることを視野に入れるならHD 5770を購入し、その後しばらくして安くなったHD 5770をもう1枚買うというのはありですね。

デュアルGPUのRadeon HD 5950は11月に登場?

Fudzilla Dual-GPU Radeon HD 5950 coming in November
R800と呼ばれていたAMDのデュアルGPUカードのRadeon HD 5950は11月に登場するようです。
TDPは300Wを上回っているようで、かなり大掛かりなカードが予想されますね。
性能はもちろんGeForce GTX 295は上回りますが、Fermiの登場で最速の座を取り返されるかもしれないようです。
しかし、名前はRadeon HD 5950となるのでしょうかね。
今までのX2の方が分かりやすい気もしますが・・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。