FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core i5 670/660のOC記録

Expreview Intel’s Upcoming 32nm Clarkdale Shows Impressive OC Potential
32nm世代のCore i5 670/660のOC記録が出ていますね。
まずはCore i5 670ですが6921.8MHzまでOCしているようですね。
LN2冷却ですが、ほぼ7GHzとすさまじい耐性です・・・
この時のコア電圧はCPU-Z読みで1.94Vと非常に高いですね。
SuperPiが通ったのは6.76GHzで、その時のスコアが6.344sだったようです。

一方Core i5 660は空冷で3631.2Mhzを達成しています。
OCの幅は大きくは無いですが、実用レベルではこのあたりまででしょうかね。
元々が高クロックなので厳しいかもしれないです。


話は変わりますが、明日は日本橋へ行く予定なので何か面白そうなものがあれば記事にしたいと思います。

Core i3 530とAthlon II X4 620の比較ベンチ

HARDSPELL New war! Corei3 530 VS AthlonII X4 620
Core i3 530とAthlon II X4 620の比較ベンチが掲載されていますね。
それぞれのスペックは以下のとおりです。

Core i3 530
(2.93GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$123)
Athlon II X4 620
(2.6GHz/L2 512KBx4/95W/約9500円)

価格はそれなりに差はあるようですが、発売した当初は11000円ほどだったので元々はさほど差はありません。
まずはSandra 2010でのCPU性能ですが、Arithmeticではややi3 530が優勢なものの、Multi-MediaではX4 620の方が圧倒的に優勢ですね。
実用上のアプリではWinRARではややi3 530が有利なもののH.264エンコードではX4 620の方がいいです。
マルチスレッドが効くものでも2コアのi3 530は十分に健闘しているとは思いますけどね。
一方ゲームベンチでは全体的にはi3 30の方が良い結果の場合が多いですね。
この結果ではコストパフォーマンスはX4 620の方が良いとは思いますが・・・

Clarkdaleの深夜販売は不可能

hermitage akihabara 「深夜できないな・・・(できても)やらないけど」(12/25)
まあ、元々やる気も無いでしょうけどね・・・
Clarkdaleの解禁が1月8日の午前1時から午前11時へと10時間ほど延長されたようですね。
何のために延期されたのかは不明ですが、おそらく影響は無いでしょう。
各メディアのレビューは1月4日に解禁ということであらかた出てはいますがこちらも期待したいですね。

Clarkdaleのフルレビュー

HARDSPELL DuoCore Evolution! Corei3 + H55 review...
28ページにも及ぶかなり詳細なレビューが掲載されています。
まずはスペックについてですが、細かい部分まで出ていますね。

Core i5 670
(3.46GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$284)
Core i5 661
(3.33GHz/900MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$196)
Core i5 660
(3.33GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$196)
Core i5 650
(3.20GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$176)

Core i3 540
(3.06GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$143)
Core i3 530
(2.93GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$123)

Pentium G6950
(2.80GHz/533MHz/L2 256kBx2/L3 3MB/2C4T/73W/$87)

i5 660と661の違いは661の方がGPUクロックは高いですが、その分TDPも大きくVT-dとTXTをサポートしていないという点ですね。
性能はCpre i3@2.8GHz+H55とCore 2 Duo E7400+G45で比較されていますが、同クロックでもGPUだけでなくCPUとしての性能も大きく向上しているのが分かりますね。
H.264エンコードで約40%、WinRARで約45%とかなり大きく差がついています。
ゲームベンチでも約20%~70%ほど向上はしていますが、これでゲームをするのは厳しそうです。
消費電力についてはやや上がってしまっているのが残念ですね。
負荷に限らず10W程度上がってしまっています。
グラフィック性能の向上で消費電力も上がってしまったのではないかと書かれていますね。
とはいえワット性能では十分向上していそうですし、Pentium G6950あたりはコストパフォーマンスも良いのではないかと思います。

PineviewはDDR2/DDR3の両方に対応?

Fudzilla Atom N47x DDR3 also supports DDR2
Fudzilla Intel Atoms supporting DDR3 to have 6.5W TDPs
どうやらPineviewはDDR2/DDR3の両方をサポートするようです。
まず最初に登場するAtom N450/N470はDDR2のみの対応となり、その後登場するAtom N45xとN47xがDDR2/DDR3の両方に対応するということでしょうか。
対応するメモリはDDR2-667とDDR3-667になるようで、かなり遅いですがネットブックの性能では問題ないでしょう。
DDR3のサポートによりN450→N45xでTDPが5.5Wから6.5Wに上がっていますね。
N470→N47xではTDPは上がっていないので微々たる差なのかもしれないですが。
最近ではDDR3の価格とDDR2の価格も近いですし、メモリを選択できるというのは良いですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。