FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスクトップ版Atom"Atom 230"のレビュー

Fudzilla Desktop Atom 1.6GHz tested
デスクトップ版のAtom"Atom 230"のレビューが出ています。
"D945GCLF"かと思いましたが、DVI出力ですしヒートシンクの形が違うようですね。
リアI/Oの配置も少し違うようですし。
lameでベンチを取っているようですが、比較がしづらいですね・・・
とにかく非常に遅かったとのこと。
SuperPI 32Mのベンチもありますが、こちらも非常に遅いです。
Sandraベンチは比較的健闘しており、Celeron 420の半分~2/3ぐらいの性能ですね。
しかしTDPは4WとNano U2300とほぼ同じですね。
これならNano U2300の方が良いスコアを出しそうな気もします。

コメント

LAMEは設定によっても速度が変わってくるのですが、この辺はよくいじっていたので大体分かります。

PentiumM 1.6Ghzでおよそ同じ設定にて、たしかx11くらいのエンコード速度でした。
このレビューを見るとx4.67となっているので、PentiumMで言えば700Mhz相当くらいですね。(分かりにくい指標ですが)

VIA Nanoも含め、性能的には非常に厳しく、デスクトップ用途であればデュアルコア版であればそこそこ使えるレベルかと思います。

>>fpさん
情報ありがとうございます!
lameは使った事が無かったので・・・

やはりクロック性能で言えばPentium Mの半分程度でしょうかね。
もちろんアプリによっても結構変わってくるのでしょうけど。

デスクトップで省電力というのも良いですが、消費電力と性能を両立させるのは厳しいですね・・・
ノートPCの方が手っ取り早いですし、Atomよりよっぽど性能が高いですし。
最近気になって調べていたんですが、ノートPCでサーバーというのも合理的ですしね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/970-2426fa98

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。