FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intelの6コア"Dunnington"のスペックとナンバーについて

TechConnect Magazine Intel 6-core CPUs get official names, clocks
Intelのサーバー向け6コア"Dunnington"のスペックとモデルナンバーの情報が出ています。

Xeon X7470
(2.66GHz/1066MHz?/L2 16MB/$2729)
Xeon E7450
(2.40GHz/1066MHz/L2 12MB/$2301)
XeonL7455
(2.13GHz/1066MHz/L2 12MB/$2729)

Core 2 Hexにはならないですね(笑
やはり6コアだけあってクロックは低めですが、FSBが低いですね・・・
TDPも気になります。

追記5/22 20:45
VR-Zone Intel 6-core Dunnington CPUs Pricing Revealed
見やすい表が出ていますね。
さらにモデルも増えているようです。

コメント

高っ…

サーバー向けですから・・・
しかしこれを8Pとかで積むと考えると値段も相当ですね。

ネタに真面目くさってレスしましたが、Core 2 HexがDunningtonで無いことは明白でしたけどね(笑

Core2 Extremeでも無く、Core 2 Hexということは、デスクトップのパフォーマンスCPUに投入するわけだが、DunningtonはPenrynの5倍以上のダイサイズ、つまり400mm2以上の巨大なダイで、999ドルで出しても出血バーゲンセール、530ドル以下なら売るほど赤字、大赤字でしょう。

この値段は妥当ですよ。デスクトップCPUや、デスクトップCPUと同等価格で出してる格安Xeonと同様に考えてるとアホです。


そういえばExtremeで無いということはハイエンド以外という事でしたね(汗
Westmere世代で6コアがデスクトップ向けに降りてきて欲しいものです。
その時はCore 3 Hexとかになってるかも・・・

Dunningtonは430mm2程度の予想、Pnerynは107mm2ですからせいぜい4倍では?

Pnerynは107mm2ですからせいぜい4倍では?

失礼、81mm2のウルフディールを基準に考えてます。
ウルフディールを並べてますので。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/953-fa811b15

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。