FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intelの6コアCPU"Dunnington"と8コアCPU"Beckton"

PC Watch 正体が見えてきたIntelの6コア「Dunnington」と8コア「Beckton」
Intelは2008年第4四半期にMPサーバー向けで"Core MA"の6コアのCPUを登場させるようです。
Dunningtonが6コアとなるようですが、MCMではなくネイティブな6コアとなるようです。
Core MAではコアを増やしにくかったはずですが、6コアが限界だったのでしょうか。
ネイティブとは言ってもL2は3MBを2コアずつ共有し、全てのコアで12/16MBのL3を共有しているという状態ですね。
Intelは1年ごとにコアを2つずつ増やしていっているのですが、そのおかげでMP向けのアーキテクチャの更新が1年遅れるようです。

さらに2009年後半には同じくMP向けで8コアの"Nehalem-EX"のBecktonが登場するようです。
こちらもネイティブで2コアごとに共有キャッシュ(現地点では不明)、そして24MBのL3キャッシュを搭載しているようです。
さらにQuickPathを4本、対応メモリはFB-DIMM2となっています。
FB-DIMM2は現地点でサポートされる予定は無いですが、メモリバッファチップでDDR3にも対応できるようです。
しかし何と600mm2クラスという巨大コアで価格は1000ドルを超える高額CPUとなるようです。
チップセットについてはクアッドコアのTukwilaで使われるBoxboroがそのまま使えるようです。
4CPUや8CPUの構成例がありますが、やはりICH10をサポートしているようです。
Intelが6コアという新しい市場を開拓しようとしていますが、AMDはどう出てくるでしょうかね。
3コアのMCMで出せそうな気はしますが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/554-01464f25

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。