FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barcelonaは2.5GHzでTDP89W

Fudzilla Only 2.6 to 2.8 GHz Barcelona can beat 3GHz+ Penryn
Fudzilla K10 works up to 2.5 GHz
Barcelonaの最新リビジョンの2.5GHz時のTDPは89Wにもなるようです。
しかしPenryn 3GHzやそれ以上のクロックと戦うにはBarcelonaは最低でも2.6GHzが必要なようです。
2.5GHzではCore 2 Extreme QX6850にも勝てないようですね。
Intelよりもクロックあたりの性能は高いですが、クロックあたりの発熱量も多いようですね。
このままだと以前出ていた2.8GHzではTDP125Wになりそうですかね。
がんばって高クロック化してほしいですね。

コメント

確かにAthlon64はクロックあたりの性能は高いのでしょうが、反面、高クロック化を阻害しているのかも知れませんね。
45nmプロセスはおろか、65nm同士でも勝てないのでは話にならないでしょう。
クロックあたりの発熱量が多いのも、IPCを狙いすぎている影響でしょう。Intelのように程々のほうがよい結果になると思います。

Intelよりも低クロックになりがちなAMDはIPCを高くすることで性能を向上させるという方法を採ったのでしょう。
IPCを高くしすぎてクロックが上がりにくくなるというリスクは承知の上だと思います。
純粋に考えればクロックとIPCのバランスをとった(若干クロック寄り?)Core MAのような方式のほうが良いんでしょうけど。
45nmは積極的に低消費電力化を進め、かつ高クロック化を狙ってくるIntelと厳しい競争になりそうです。
せめて3GHz越えができるようならまた話は違ってくるのでしょうが・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/367-71accc89

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。