FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GA-P35-DS3RとP5Kの温度

HKEPC Gigabyte宣稱P35-DS3R 比Asus P5K工作溫度更低
GA-P35-DS3RとP5KのノースブリッジやCPU周りの温度比較があります。
写真を見れば分かりますが、総じてP5Kの方がかなり高いです。
あくまでエアフローが無い状態での実験ですが、P5Kの異常なほどの発熱か、DS3Rが異常なほどよく冷えるかのどっちかですね。
P5KはおそらくMOSFETの温度がヒートパイプを伝ってノースブリッジに流れたのでしょう。
P35自体の発熱はDS3R程度のヒートシンクで十分そうですね。
あとはP5Kは3フェーズ、DS3Rは6フェーズなので負荷が分散され温度にも影響が出たのではないかと思います。
これを見ると水冷でもCPU周りのエアフローをしっかりしないといけないということが分かりますね。

コメント

DS3R程度のヒートシンク・・・ってDS3Rの方がでかいじゃん。
これだけ差があったら、DS3Rのノースブリッジが低いのは
当然じゃないの?
あと、MOSFETのサーモグラフィーみる限りDS3Rの方が
温度が高そうなのに、数値だと逆転してるのはなぜ?

ちゃんとエアフローがしっかりしていて、ちゃんとケースに入っていればヒートパイプが付いたP5Kの方が有利・・・じゃないでしょうか?
テストを見ているとどうもマザーボードを寝かして実験しているようで、MOSFETの温度がノースブリッジに伝わりやすくなっているようです。
DS3R程度のヒートシンクと書いたのはDS4やMSIのあのヒートパイプのような大掛かりな物は必要ないと思ったからです。
たしかにP5Kのヒートシンクの方が小さいので誤解しやすかったですかね。
温度が逆転しているのは僕もちょっと気になったのですけど、よく見ればDS3とP5Kは基準値が違います。
DS3は最大が92.9度?でP5Kは140.5度?が最大値です。
色で比較が出来ないのがちょっとややこしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/256-3451337d

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。