FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clarkdaleのフルレビュー

HARDSPELL DuoCore Evolution! Corei3 + H55 review...
28ページにも及ぶかなり詳細なレビューが掲載されています。
まずはスペックについてですが、細かい部分まで出ていますね。

Core i5 670
(3.46GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$284)
Core i5 661
(3.33GHz/900MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$196)
Core i5 660
(3.33GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$196)
Core i5 650
(3.20GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$176)

Core i3 540
(3.06GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$143)
Core i3 530
(2.93GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$123)

Pentium G6950
(2.80GHz/533MHz/L2 256kBx2/L3 3MB/2C4T/73W/$87)

i5 660と661の違いは661の方がGPUクロックは高いですが、その分TDPも大きくVT-dとTXTをサポートしていないという点ですね。
性能はCpre i3@2.8GHz+H55とCore 2 Duo E7400+G45で比較されていますが、同クロックでもGPUだけでなくCPUとしての性能も大きく向上しているのが分かりますね。
H.264エンコードで約40%、WinRARで約45%とかなり大きく差がついています。
ゲームベンチでも約20%~70%ほど向上はしていますが、これでゲームをするのは厳しそうです。
消費電力についてはやや上がってしまっているのが残念ですね。
負荷に限らず10W程度上がってしまっています。
グラフィック性能の向上で消費電力も上がってしまったのではないかと書かれていますね。
とはいえワット性能では十分向上していそうですし、Pentium G6950あたりはコストパフォーマンスも良いのではないかと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/1544-e73846eb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。