FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core i7 870/860とCore i5 750が発売

PC Watchインテル、LynnfieldことCore i7/i5を発売 ~PCI Expressコントローラ内蔵
4Gamer “Lynnfield”正式発表。新製品「Core i7-800&i5-700番台」をキーワードで理解する
ASCII.jp インテル「P55」搭載Core i5/i7対応の新型マザー大量デビュー
レビュー
PC Watch Lynnfieldとともに新プラットフォームが始動「Core i7/i5」
ASCII.jp 今までのCore i7とは似て非なる新CPU「Core i5」の性能は?
4Gamer デスクトップPC向けの新世代CPUに,Core 2から移行するだけの価値はあるか?
4Gamer 特徴を徹底的に掘り下げるLynnfield基礎テスト。キモは「Turbo Boost」だ
ついにLynnfieldコアのCore i7 870/860とCore i5 750、さらにP55を搭載した対応マザーが発売/発売となりました。

Core i7 870
(2.93GHz/L2 256kBx4/L3 8MB/95W/HT/約58000円)
Core i7 860
(2.80GHz/L2 256kBx4/L3 8MB/95W/HT/約30000円)
Core i5 750
(2.66GHz/L2 256kBx4/L3 8MB/95W/約21000円)

それぞれ以前出ていた予価より少々安くなっていますね。
対応マザーも大量に出ています。
早速ベンチも出ていますが、性能としては以前から出ていたベンチとさほど変わらないですね。
Core i5 750がやはり異常にコストパフォーマンスが高いです。
エンコードなどでもCore i7 920を上回る場面もありますし、ゲームではほとんどHTTの影響を受けていないようです。
OCに関しても4GHzを超えており、耐性もかなり期待できそうです。
Core i7 870でTurbo Boostのテストも行われていますが、設定によってかなりスコアが変わってしまいますね。
ゲームではHTTは切った方が無難かもしれません。
また、発熱が直接性能に与える影響がかなり大きいので高性能なCPUクーラーを使用した方が良さそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/1466-cc1a5477

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。