FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sandy Bridgeアーキテクチャについて

Expreview Intel’s Sandy Bridge CPU Architecture Unveiled
Fudzilla 32nm ‘Sandy Bridge’ mainstream die taped out
Nehalemの2世代先となるSandy Bridgeについての情報が出ています。
メインストリーム向けのようですが、すでにテープアウトをしているようで登場は2011年第1四半期となるようですね。
ダイ写真および構成が書かれていますが、基本的にはNehalemをベースとしています。
4コアのそれぞれに256kBのL2キャッシュ、共有の8MBのL3キャッシュという構成で1.0GHz~1.4GHzのグラフィックを内蔵しています。
クロックは3.0GHz~3.8GHzとかなり高くなっているようです。
ダイサイズは225mm2と大きいですがTDPは85Wとかなり低いですね。
ソケットはLGA1156を引き続き採用するようです。
ハイエンド向けのものも気になりますね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/1415-3f141760

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。