FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core i5@2.13GHz/2.66GHzのレビュー

Expreview The First Preview & Benchmark of Core i5 Surfaces
AnandTech The Lynnfield Preview: Rumblings of Revenge
Core i5の初のレビューが出ていますね。
ラインナップは以前のままですが、今回使用したES品は2.13GHzのもののようですね。
今回はこの状態のベンチと、2.66GHzまでOCした状態でのHTのオン/オフ時の性能を検証しているようです。
製品としては2.66GHzのHTオンは存在しないですけどね。

性能は、@2.66GHz/HTオンでも全体的にCore i7 920よりは若干劣るというところでしょうか。
アプリケーションではクロックよりもHTが効く場合が多いですが、ゲームではHTオフの方が良い場合が多いですね。
Core i5の方が確実にコストパフォーマンスが良いといえそうです。
消費電力では@2.13GHzとCore 2 Duo Q8400@2.66GHzが比較されていますが、ロード時は同等なもののアイドル時は30Wほど低くなっていますね。
今回のベンチではQ9400よりはほとんどの場面で高い性能が出ていましたし、ワット性能も良さそうです。
良い事尽くめなCore i5ですが、Core i7と比較するとGulftownの非サポート、耐性の低さ、PCI-Expressのレーンの少なさなど欠点はあります。
ゲーム向けではやはりCore i7の方が有利ですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/1395-5b166c7a

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。