FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CeBIT Bearlakeのまとめ情報 追記

Digitimes CeBIT 2007: Intel to launch Bearlake chipsets for desktops (part 1)
Digitimes CeBIT 2007: Intel to launch Bearlake chipsets for desktops (part 2)
Bearlakeの情報をまとめておきます。
3/18 追記
記事の一部に間違いがあったのと、より分かりやすい日本語の解説があったので修正しておきます。
PC Watch Intelの次世代チップセットの謎と課題
P965→P35
G965→G33、G35、G31
975X→X38
Q965→Q35
Q963→Q33、Q31
数字が大きいほど上位で、Pがメインストリーム、Gがグラフィック内蔵、Xがハイエンド、Qがビジネス向けです。
FSB1333MHzのCore 2シリーズに対応し、Qシリーズ以外はPenrynにも対応します。
P35,G33,G35はDDR2/DDR3両対応でメーカーが選択できるようです。
ただし同時利用は不可能のようですね。
X38はDDR3のみで、PCI-Express2.0に対応するようです。
以前はP35やG33などにも対応すると書いてあったのですが、対応しないようです。
X38はCrossFireには対応するようですが、SLIはまだNVIDIAと話し合いがうまくいっておらず、サポートは無い可能性が高いようです。
グラフィック統合チップセットでは、G31が945Gのシュリンク、G35はG965のドライバ改良と根本的な性能の向上は望めないですね。
G31は945シリーズなので安定はしそうですけどね。
G35はG965ベースなのでDDR3には対応しておらず、サウスブリッジもICH8シリーズですがDirectX 10には対応するようです。
Bearlake-G+ベースのG35はキャンセルになったようです。
P35とG33は4月か5月には販売されるようですね。
それ以前に早くDDR3を発売しなければいけないはずなんですが・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/138-85e86e1f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。