FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft DreamSparkを使用してみました 導入編

Microsoft DreamSpark で挑戦しよう、無限の可能性に。
最近学校でDreamSparkのライセンスの配布が行われたので早速使用してみました。

DreamSparkとはMicrosoftの「学生を対象にしたソフトウェア開発製品、アプリケーションデザイン製品などの無償提供プログラム」で以下のソフトの製品版と同等のものが無償で使用することが出来ます。
Visual Studio 2008/2005
Expression Studio 2
Windows Server 2008 Standard Edition(CAL無し)
SQL Server 2008 Developer Edition
XNA Game Studio 2.0
XNA Creators Club Membership

Windows Server 2008とVisual Stdio 2008が嬉しいですね。
学生とは大学院生、大学生、専門学校生、高等専門学校生の 4、5年生の事を指します。
僕は高専の4年なのでぎりぎりですね。
実際は細かい条件が結構付くのでライセンス条項をよく読んでください。
認証には国際学生証が必要のようですが、僕の高専ではアクセスキーをMicrosoftから配布されていたようなので認証する必要は無かったです。

というわけでWindows Server 2008を使用した開発機を組みました。
コストパフォーマンス重視で多分ありきたりな構成ですが。
詳しくは続きを読むでどうぞ・・・
DVC00184.jpg
CPU:Athlon 64 X2 5000+ Black Edition
マザーボード:GA-MA78GPM-DS2H
メモリ:JM800QLU-2G
HDD:ST3500320AS
電源:Antec EA-380
CPUクーラー:TR2-R1

ケースは貰ってきたものだったり、電源と光学ドライブとメモリの片方は流用だったりしますがその他では25000円ぐらいだったと思います。
HDD以外は1'sで、HDDだけはソフマップで購入しました。
1'sだとCFDの保証なのでRMAが付かなかったと思うのですが、どうだったかは忘れました。

とりあえず組み立ててWindows Server 2008をインストールしました。
インストール自体は何とかなったのですが、やはりマザーボード付属のディスクではグラフィックドライバとLANのドライバが入りきりませんでした。
Vista用なのでOSのチェックで弾かれるのでしょうかね。
グラフィックは最近発表されたCatalyst 8.12、LANはVista (WinServer 2008) Driverが入りました。

とりあえずはスムーズに動いていますね。
ディスプレイが1台しかないのと、キーボードを並べるスペースが無いのでUltraVNCを利用してLAN上で操作しています。
とりあえず今日はここまでで(笑

何か動かして欲しいベンチなどがありましたらコメント欄に書いていただけば出来る限りベンチを取りたいと思います。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/1239-40d49b46

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。