FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPU性能比較 Intel50種類 vs AMD 50種類

matbe Comparatif de 100 processeurs
HARDSPELL 100 CPUs performances contrasted: 50 Intel vs. 50 AMD
IntelのCPU50種類とAMDのCPU50種類、合計100種類のCPUをさまざまなベンチで比較しています。
Core 2 Quad QX9770など現役のハイエンドCPUからPentium 4やAthlon 64など昔のCPUまで幅広く比較されており、なかなか面白いですね。
CPUをアップグレードする時や昔のCPUを買うときも相対的な性能差が分かり、便利そうです。
しかし、ほとんどのベンチの上位20位ぐらいはIntelのCPUという結果になっていますね・・・
コストパフォーマンスなどもあり一概に比較はできませんが、ハイエンドで勝負できるようになって欲しいものです。

コメント

0.1秒毎に違う処理を流す(実際のゲーム)とか、本当の処理をさせれば?
ベンチみたいにパイプラインを多く持ちキャッシュが多いインテルが良いに決まってる。
仮にベンチの処理と同じような処理を考えるとエンコしかない。
この事実を頭に入れてどちらが良いか???
評価する人も、もう少し考えるべきと思う今日この頃です。

なにやっても遅いよAMDは。

処理系よりメモコン内臓による体感速度だけが売りのCPUに成り下がってる。
それも、i7が出たら売りにならないかもしれませんね。

メモリアクセスがいくら早くても、収めるキャッシュが絶望的なほど遅いので、本当の処理が遅い。

でもPhenomはエンコだけはクロックあたりで善戦するんだよ。
エンコはPhenomのSSEユニットがちゃんと作りこまれているからだろうけど。

>>通りすがるさん
実際のアプリやゲームまで幅広くあると思いますが・・・
エンコードではAMDも結構善戦しています。

>>i7kunさん
アーキテクチャによるところも大きいですからね。
体感速度が速いというのは十分な強みだと思うんですけどね・・・
個人的にはそれほどの違いは感じませんでしたが。

別に体感速度を軽視しているわけではありませんけどね。
ただ、そこだけが売りに成り下がっているという事。

しかし、通るすがる氏の言うことも判らんでもない。
よって、ユーザーも、どのベンチマークの数字に意味があって意味が無いのかを、考えるべきでしょうね。
折りしもi7が出たことで、単純な数字に意味が無いことを理解するときが来るかも知れません。

数字を盲目的に信ずるのも、はたまた徹底的に無視するのも私からすれば同レベルですね。

CPUによって得手不得手も大きいですから意味のあるベンチと無いベンチがありますよね。
ゲームベンチやエンコード、圧縮解凍やフォトショップなど一般的な実際のアプリでは大きな意味があると思います。
しかし3DMark系やPCMark系、SuperPIなどは性能を測るにはそれほど意味が無いですね。
3DMarkが良くても実際のゲームで性能が出ないことなんて多々ありますし。
これらはスコアを楽しむものですね(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/1193-898edec7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。