FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel "Nehalem"から"Haswell"世代について

Canardplus Processeur : de Nehalem à Haswell
"Nehalem"から次世代アーキテクチャーの"Sandy Bridge"、さらに次々世代アーキテクチャーの"Haswell"についての情報が出ています。
"Nehalem"から32nm版の"Westmere"、"Sandy Bridge"から22nmの"Ivy Bridge"、そして"Haswell"という順になっていますね。
掲載されているスライドはPC Watchの情報と変わっていないようですね。
"Sandy Bridge"でAVXをサポートし、"Ivy Bridge"で22nmへシュリンク、"Haswell"でFused Multiply Add(FMA)をサポートします。
今回分かったのは"Ivy Bridge"と"Haswell"というコードネームだけですかね。
しかしこの記事は4月のIDFの時の記事のようですね・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://pctukuru.blog86.fc2.com/tb.php/1086-4804bfa7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。