FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Core i7 980X Extreme Editionの発売日

hermitage akihabara 「高くても売れるんだろうなぁ」(1/26)
GulftownことCore i7 980X Extreme Editionの発売日が決定したようですね。
正式発表が3/16となっており、発売も同時に行われるようです。
さらに下位モデルのCore i7 970もラインナップされているようですね。
しかしこちらは第3四半期となっており、発売時には今更感がありそうな気もしますが・・・
980X下位モデルと言うからにはGulftownなのでしょうが、型番からするとCore i7 960の上位のような感じもします。
スポンサーサイト

Pentium XE 955とCore i3 530の比較レビュー

HARDSPELL Pentium XE VS Core i3 Hyper-Threading review
なにやら懐かしのCPUが・・・
かつてのハイエンドであるPentium Extreme Edition 955とCore i3 530の比較レビューが掲載されています。
それぞれHTありとHT無しの場合のレビューが掲載されており、HTの効果が一目で分かりますね。
性能に関してですが、かつてのハイエンドとはいえ、流石に現行のCPUには敵いませんね。
性能差は1.5倍~2倍以上はあるんじゃないでしょうか。
HTの効果はかなり大きく、ゲームでも2割程度性能が向上していますね。
Pentium XE 955の時代から4年ほど経ちましたが、CPUの進歩が凄まじい事が分かるベンチですね。

ClarkdaleのGPUクロックによる性能差について

4Gamer Clarkdaleのグラフィックス機能追試。製品版ドライバで733MHz動作とオーバークロック動作を見る
Core i5 661/660のGPUクロックの違いによる性能についてのレビューが出ていますね。
テストに使用したMSIの"H55M-ED55"はGPUクロックを1333MHzまで33MHz刻みで変更できるようです。
OC耐性については今回実用可能なレベルでは1133MHzまでだったようですね。
デフォルトが900MHzなので上がり幅は25%程でしょうか。
性能についてはゲームベンチがいくつか出ていますが、クロック上昇率ほどではないもののかなり性能は上がっていることが分かりますね。
とはいえ、このレベルのゲームだと実用可能とは言い難いですね・・・
消費電力はかなり上がってしまい、高負荷時では18Wも上がってしまっています。
耐性はそこそこ良さそうですが、実用レベルとしてはもうちょっと性能が欲しいところです。

NVIDIA Fermiベース"GF100"アーキテクチャを公開

PC Watch NVIDIA、FermiベースのGeForce「GF100」のアーキテクチャを公開
4Gamer NVIDIA,Fermi世代の次期GeForce「GF100」グラフィックスアーキテクチャを発表
NVIDIAの次世代のGeForceシリーズとなるFermiベースの"GF100"アーキテクチャが公開となりました。
Fermiの時に情報は出ていましたが、やはりゲーム性能だけではなく並列コンピューティング性能による物理演算などにも力が入っていますね。
細かいアーキテクチャの解説は今回は省略させていただきますが。
ゲーム性能については詳しいベンチ結果などは出ていませんが、Far Cry 2とDark VoidというPhysXに対応したゲームではGeForce GTX 285に比べ倍近い、あるいは倍以上の性能が出ていることが分かります。
3D Vision Surroundという3台のディスプレイを使用した立体ディスプレイ機能は非常に迫力があって個人的に楽しみですね。

廉価AM2対応Mini-ITXマザー"GF6100-E-E"が発売

AKIBA PC Hotline ZOTAC GF6100-E-Eの概要
非常に低価格なMini-ITXマザーですね。
MCP61Pを搭載したAM2マザーが発売となりました。
TDP65Wまでという制限はありますが、Phanom IIやAthlon IIに対応しており小型で低消費電力なPCを作るのに良さそうですね。
TDP制限もこのマザーでハイエンドは作らないでしょうし、実質制限なしじゃないでしょうか。
DDR2-800までの対応ですし、余っているメモリなどがあれば低価格で1台組めそうな感じです。
VGA出力やPCIが無いのは残念ですが、PCI-Express x1はありますので拡張性は悪くないと思います。
実売5980円とこの価格は魅力ですねぇ。

Radeon HD 5670のレビュー

4Gamer 99ドルで買えるDirectX 11対応GPUは速いのか
現在のDX11対応GPUとしては最廉価モデルとなるRadeon HD 5670のレビューが掲載されています。

Radeon HD 5670
(775MHz/775Mhz/4000MHz/128bit/GDDR5/512MB/400sp/64W/$99)

性能としては型番の通りRadeon HD 4670と比較するとかなり高性能化されています。
GeForce 9600GTよりも高い性能ですが、やはりRadeon HD 5770/HD 4770と比較するとやや劣りますね。
消費電力は非常に低く、HD 4670よりも低い場面もあります。
とはいえ現在では価格がネックとなりますね。
もう少し経って価格が落ち着けばなかなかのコストパフォーマンスではないでしょうか。

ASUS Atom D510搭載"AT5NM10-I"の写真

HARDSPELL ASUS Displays Pine Trail Based Mini-ITX Motherboard
ASUS製のAtom D510搭載Mini-ITXマザーボード"AT5NM10-I"の写真が掲載されています。
結構大きなファンレスのヒートシンクが特徴的ですね。
I/Oに関してはSATA IIが2ポート、PCIが1つ、さらに今となっては少なくなったシリアルポートやパラレルポートもあるようですね。
I/Oの数は少ないものの、種類はかなり充実しています。
価格に関してはまだ不明のようですが、IntelのD510MOの価格+αぐらいで収まって欲しいものです。

Clarkdaleおよび対応マザーが発売

PC Watch GPU統合のLGA1156 CPU「Clarkdale」が7モデル発売
PC Watch 「Clarkdale」対応マザーが多数発売、1万円台前半
ASCII.jp 「Clarkdale」向けの「H55/H57/Q57」搭載マザーが一斉発売
ASCII.jp GPU機能内蔵のインテル製CPU「Clarkdale」が発売開始!
ついにIntelのGPU内蔵CPUであるClarkdaleおよびその対応マザーが発売発売されました。
発売したのは以下の7モデルですね。

Core i5 670
(3.46GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/約28500円)
Core i5 661
(3.33GHz/900MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/約20000円)
Core i5 660
(3.33GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/約20000円)
Core i5 650
(3.20GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$176)

Core i3 540
(3.06GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/約14000円)
Core i3 530
(2.93GHz/733MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/約12000円)

Pentium G6950
(2.80GHz/533MHz/L2 256kBx2/L3 3MB/2C2T/73W/約9500円)

マザーボードはH55/H57/Q57を搭載したものがかなり出ていますね。
現在はH57搭載モデルがASUSのP7H57D-V EVOしか無いようですねぇ・・・
CPUとしては廉価モデルなのでmicroATXのマザーが多いようです。
それぞれのマザーのレビューなども気になりますね。

Intel "X25-V"の販売が開始

ASCII.jp 1万円台前半! 容量40GBのインテル製SSDが販売スタート
Intel製SSDで廉価版となるX25-Vの販売が開始しました。
34nmプロセスのMLCチップのSSDで40GBモデル"SSDSA2MP040G2R5"ですね。
Trimにも対応しているようです。
リード170MB/s、ライト35MB/sとスペック的にはだいぶ劣りますが、Intel製ならではの高いランダム性能で、容量的に考えても起動ドライブとして最適ですね。
価格は約12000円となっており、容量から考えると割高ですが起動ドライブとして割り切るとなかなか良いんじゃないでしょうか。

Microsoft Office 2010の価格とラインナップについて

PC Watch Microsoft、Office 2010のラインナップと価格を決定
ITmedia Microsoft、「Office 2010」の価格を発表
Officeの後継バージョンとなるOffice 2010の米国でのラインナップと価格が判明しました。
まずは最も安価なOffice Home and Studentですが、Word、Excel、PowerPoint、OneNote がセットとなってパッケージ版が$149となっているようです。
これを基本にOutlook 2010を付け加えたHome and Businessが$279、さらにPublisherとAccessを加えたProfessionalが$499となっているようです。
見やすい表がITmediaの方に載っています。
米国版は以前からこのようなライセンス体系となっていましたが、日本でも同じようになってほしいものですね。
せめてどのバージョンにもPowerPointが入っていて欲しいものですが・・・

Clarkdale/Arrandaleのレビューが解禁

PC Watch CPU+GPUを統合したClarkdaleこと「Core i5-661」
4Gamer まもなく登場の「Clarkdale」はゲームで速いのか?
4Gamer CPUに統合されたグラフィックス機能はゲーマーの信頼に足るのか
4Gamer IntelのノートPC向けグラフィックス機能は信用できるようになったか
以前から出てはいましたが、正式にレビュー解禁となりました。
今回レビューされているのはCore i5 661とCore i5 540Mですね。

Core i5 661
(3.33GHz/900MHz/L2 256kBx2/L3 4MB/2C4T/73W/$196)
Core i5 540M
(2.53GHz/500MHz/L2 256kBx2/L3 3MB/2C4T/35W/$257)

ますはi5 661ですが、性能としてはやはりCore i5 750と比較すると劣ってしまいますね。
とはいえCore 2 Duo E8600と比較すると確実に性能は向上しており、期待通りと言えそうです。
消費電力も非常に優秀で、高負荷時でもi5 750と比較して50Wも低い結果となっています。
ただ、グラフィック性能だけで見ると、性能は向上していますが消費電力を引き上げる結果ともなっているようです。
内蔵グラフィック性能だけではゲームは厳しいのでここまで高いクロックが必要なのかは疑問です。
コストパフォーマンスの観点でもCore 2やAthlon II X3という強力なライバルがいるのでこれだけでは厳しい感じもしますね。

一方ノート向けのCore i5 540Mは内蔵グラフィックのレビューのみとなっているので比較対象がAtom 330+IONとなっていますが、性能は全体的にはかなり向上していますね。
しかしゲームをするにはやはり単体CPUを搭載したものでないと厳しいようです。
消費電力についてはアイドル時は非常に低い結果となっていますが、フルロード時にはAtom 330+IONを若干超えるほどにまでなってしまいますね。
CPUとしての性能も気になりますが・・・

Acer "Pine trail"搭載ネットブックのプレビュー

VR-Zone Acer "Pine trail" Netbooks First Look
Acerの"Pine trail"を搭載したネットブック"Aspire One AO532h"のプレビューが掲載されています。
スペックは10.1型のディスプレイとAtom N450に1GBのメモリ、160GBのHDDとCPU以外はごく普通の構成となっています。
重量は1.25kgと普通かやや重いぐらいですね。
解像度は1024x600、バッテリーは約8時間と結構長くていいですね。
OSはWindows 7で、その他の機能としてウェブカメラ、カードリーダーなどがついているようです。
見た目はなかなか悪くないですね。
白と黒+赤の2つがあるようです。
価格は$300とかなり安い方じゃないでしょうか。

1月1日の日本橋

久しぶりの日本橋です。

今日は元日ということでいろいろな店で特価セールや福袋の販売などが行われていましたね。
特に買う予定は無かったのですが無駄にFaithの最前列に並んでみたりしました。

DVC00222.jpg

Faithではソフトやファンなどの詰め合わせが販売されていましたね。
また、レジで500円クジというものが販売されており、一等はVAIO type Pとなかなか良さそうです。
外れても1000円以上の買い物で使える500円金券と、実質ノーリスクなのでFaithやパソコン工房で買い物をするときはクジを引くのも良いんじゃないでしょうか。

DVC00223.jpg

こちらはパソコン工房前で販売されていたものですね。
3000円のソフトパック、5000円のマルチメディアパックの他に10000円の家電パックというものがありました。

DVC00224.jpg
こちらはソフマップザウルスですね。
デジカメが7980円の他、据え置き型のゲーム機(友人が購入したものはPS3でした)が20000円、DSi?が10000円など非常に安かったのですが、10時前には整理券の配布がほとんど終了していましたね。
内容についてのネタばれは2010年福袋 @ まとめでどうぞ。
朝5時前到着で既に松が27番目だったらしいです。

おまけ
DVC00226.jpg

たしかFaithで貰ったものです・・・
誰得。

あけましておめでとうございます!

今年もパソコンつくーるをよろしくおねがいします!
もう4年目ですか、早いもんです。

さて、昨年はWindows 7の発売やCore i5の登場などいろいろありましたね。
今年はFermiやWestmereの登場など、楽しみなことが多いです。
また、SSDの普及も期待したいところですね。

個人的な事を言うと今年は卒研や4月ごろには引越しなどゴタゴタしそうな感じです。
特に卒研は充実していますがそろそろまとめないとまずい頃。
正直終わる気がしない・・・
何とか更新頻度と両立しつつ頑張っていきたいと思います!

もう一つ、先ほども書きましたが日本橋で何かあれば記事にしようかなと。
パソコン工房やソフマップでは何やらイベントがあるようですしね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。