FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scytheの刀3について

hermitage akihabara サイズ、小型タワー型CPUクーラーの定番”刀”のフルモデルチェンジ「刀3」
Scytheの新しいCPUクーラー"刀3"が発表されたようです。
刀シリーズの独特な形状を引き継いでいますが、全体的にヒートシンクが大きくなりピッチも狭くなっていますね。
ヒートパイプも3本搭載されており、かなり冷えそうな感じです。
刀2とは違い、ヒートパイプは横からではなく全て前から出ていますね。
重量は495gと最近のCPUクーラーの中では割と軽い方だと思います。
対応CPUはLGA1366/775/Socket478/AM2/754/939/940とCore i7にもしっかりと対応していますね。
2月10日頃から発売となっていますが、価格は約3480円と刀シリーズとしては高い気がしますね。
その分冷えそうではありますが。
スポンサーサイト

IntelのSSDのロードマップについて

VR-Zone Intel SSD Roadmap - Bigger & Faster
IntelのSSDのロードマップが出ています。
まずは2.5インチでSLCのX25-Eですが、今年第4四半期には128GBモデルが登場するようです。
32GBモデルはラインナップから消えていますね。
2.5インチでMLCのX25-Mは同じく第4四半期に320GBモデルが追加されています。
また、1.8インチでMLCのX18-Mも同様ですね。
Turbo Memoryの後継みたいな機能であるBraidwoodについても出ていますが、こちらは4GB/8GB/16GBモデルが2010年第1四半期に登場となるようです。
Braidwoodについてどのような形で実装されるのかいまいち分かりませんね。
SSDのような機能を追加するとありますが・・・

AM3のPhenom II X4/X3の価格について

Fudzilla Phenom II AM3 Quad and Three cores listed
Socket AM3世代のPhenom X4/X3のCPU3種の価格が掲載されています。

Phenom II X4 810
(2.6GHz/L2 512KBx4/L3 4MB/95W/AM3/2月8日/$229)

Phenom II X3 720 Black Edition
(2.8GHz/L2 512KBx3/L3 6MB/95W/AM3/2月8日/$188)
Phenom II X3 710
(2.6GHz/L2 512KBx3/L3 6MB/95W/AM3/2月8日/$161)

少々高いという印象でしょうか・・・
Phenom II X4 940が$225ですしね。
上位モデルの価格も気になるところです。

Core 2 Quad Q9550sの消費電力について

AnandTechIntel Core 2 Quad Q9550S: A New 65W Quad-Core
TDP65WのクアッドコアであるCore 2 Quad Q9550sのレビューが行われています。

Core 2 Quad Q9550s
(2.83GHz/1333MHz/L2 6MBx2/65W/$369)

Adobe Photoshop CS4や動画のエンコード、ゲームなど色々な状況ごとの消費電力を計測しているようです。
性能に関しては当然ながらCore 2 Quad Q9550と同じようですね。
若干の誤差はあるものの、クロック相当の性能がでています。
消費電力に関しては平均時、最大時でTDP65Wの効果が出ており、確かにQ9450などと比べても消費電力は低いです。
アイドル時ではCore i7シリーズが非常に優秀ですね。
しかし$369とQ9650以上の価格ということを考えるとコストパフォーマンスは悪いです。
発熱も低くはなっていますがそれなりにあるようですしファンレスで動作させるには少々厳しい気もしますしね。
これで価格差がここまでなければなければ良かったかもしれませんが、$100以上追加して買うには少々ものたりないですね・・・

SiSチップセットのAtom 230搭載マザーが登場

PC Watch SiSチップセットのAtomマザーが初登場、低消費電力?
ようやくSiSチップセットのAtomマザーが登場しました。
Atom 230+SiSM671+SiS968という構成となっており、初の945系チップセットを搭載していないマザーボードとなります。
945GCの消費電力の高さでAtomの省電力性というメリットがだいぶ損なわれていましたが、SiSM671のTDPを考えるとかなり改善はされそうです。
現状では消費電力は不明のようですが・・・
GbEや6chサウンド、CFコネクタなどが搭載されていますが、PCI/PCI-Expressなどは搭載されていないのが残念ですね。
また、価格が29800円と非常に高いのがネックですねぇ。
MiTACばカーナビを作っている会社のようですが・・・
60WのACアダプタが付いていることを考えればマザー本体が2万円ぐらいでしょうか。
やはり高価ではありますね。

また、JetwayからAtom N270+945GSEとネットブックのような構成の"NF94-270-LF"が発売されるようです。
こちらは16800円と消費電力の低さを求めるならなかなか良いかもしれません。

Intel X55チップセットについて

Fudzilla Intel working on X55 and P55
以前Lynnfield/Havendale向けにはP57/P55/H57/H55/Q57のラインナップがあるという情報が出ていましたが、さらにX55というチップセットもあるようです。
型番としてはハイエンドみたいな感じですが、なぜかX57ではないですね。
登場時期はP55の少し後とのことで、今年中には出るかもしれません。
もう少し詳しい情報が欲しいですね。

Core 2 Duo E8700が登場する?

TechConnect Magazine Intel prepares 3.5 GHz Core 2 Duo E8700
Core 2シリーズでは最高クロックとなる3.5GHzのCore 2 Duo E8700が登場するようです。

Core 2 Duo E8700
(3.50GHz/1333MHz/L2 6MB/65W/$???)

純粋にクロックが向上しただけですが、価格改正が行われてE8600が$186になるのではないかと予想されていますね。
ということは$266となるのでしょうか。
このクロックでTDP65Wというのも凄いですが、クアッドコアよりもクロックの高いデュアルコアの方が性能が高いものも多くありますし、ゲーム向けにも良さそうな感じです。
ぜひとも3.8GHz以上を出してPentium 4の記録を塗り替えて欲しいものですが、出ないでしょうねぇ・・・

Lynnfieldも低消費電力モデルが予定されている?

Fudzilla Intel to release energy-efficient Core i5 CPUs
Lynnfieldのラインナップについての情報が出ていますね。
まず、以前から情報は出ていたようですがLynnfieldはCore i5へ、HavendaleはCore i3となるようです。
Core i7から全て1つ飛ばしのナンバーですね。
Westmere世代までを考えたナンバリングなら次世代のナンバーも予想できますが・・・

まず今年の8月か9月ごろにCore i5が登場しますが、最初はTDP95Wで登場します。
そして現在のCore 2 Quad Q9000s/Q8000sシリーズの置き換えとしてTDP65WのCore i5を2010年第1四半期に投入するようです。
Core 2 Quad Q9000s/Q8000sシリーズは単体では発売されていないですが、NECの一部モデルでは搭載されているようですね。
しかしCore i7のTDPが130Wということを考えるとCore 2 QuadよりもTDP65Wというのは難しい気もしますね。
クロックなども気になるところです。

GPU53種の消費電力の比較

HARDSPELL 53 graphic cards power consumption contrasted
Phenom X3 8750+790GXという環境で、NVIDIA、AMD含め53種類ものGPUでさまざまな場面の消費電力を比較していますね。
2Dや3Dなどでも分けられており、ハイエンドやメインストリームごとの比較も行われています。
やはり全体的にAMDの方が少ない傾向ですが、AMDのハイエンドは飛び向けてします。
Radeon HD 4670が性能と消費電力を考えると優秀ですかね。
電源を選ぶ時のいい指標となりそうです。

OCZ V3 Apexの販売が開始

ASCII.jp OCZの2.5インチSSD「OCZ SSD V3 Apex」の販売がスタート
ASCII.jp OCZ、「OCZ SSD V3 Apex」シリーズに250GBモデル追加
OCZの新型SSD"V3 Apex"シリーズの120GBモデルの"OCZSSD2-1APX120G"が昨日、250GBモデルの"OCZSSD2-1APX250G"が今日発売となったようです。
デュアルコントローラーチップを搭載し、リード230MB/s、ライト160MB/sと非常に高速なのが特徴です。
G-MONSTER V2と同じもののようですね。
価格は120GBモデルが約45000円、250GBモデルが約70000円となっています。
また、60GBモデルの予価も出ていますが、こちらは約24000円ですね。
容量あたりではだいぶ高いですが、G-MONSTER V2ではプチフリもないようですし、速度が欲しいなら良いんじゃないでしょうか。

Athlon X2 7850/Regorについて

Fudzilla AMD plans Athlon X2 7850
Fudzilla Regor dual core 45nm has 65W TDP
Kumaコアでは最上位となるAthlon X2 7850が登場するようですね。

Athlon X2 7850
(2.8GHz/L2 512KBx2/L3 2MB/95W)

Regorが出るまではAMD最速のデュアルコアとなるようですが、今更感が・・・
登場も第2四半期と遅いですしね。
一方Regorですが、こちらは3.0GHz以上という可能性もあるようですね。
性能でもCore 2と結構良い勝負が出来るかもしれません。
さらにTDPは65Wと低くなっていますね。
登場は第3四半期となるようです。
TDP45Wの低消費電力モデルも出て欲しいですが・・・

エルピーダ 台湾の3社と経営統合へ

Yahoo!ニュース <エルピーダメモリ>台湾3社と統合へ 公的資金申請方針
メモリチップを供給しているエルピーダが台湾のパワーチップセミコンダクター、レックスチップエレクトロニクス、プロモス・テクノロジーの3社と経営統合を交渉しており、最終調整に入っているようです。
台湾は半導体メーカーに公共資金を投入する計画があり、台湾の企業と合併して支援を要請するようです。
やはりメモリ価格の暴落が続いて単独で残るには無理があるようですね。
一時はメモリの価格は上昇しましたが、現在はほぼ横ばいで相変わらず低い水準です。
まだまだメモリ業界の買収・合併などはありそうですね・・・

AMD Phenom IIの価格改正を実施

HKEPC 反撃Intel 18日降價AMD即日調低 Phenom II售價
18日のIntelの価格改正に対抗するために早くもPhenom IIの価格改正が行われるようです。
しかも下げ幅は結構大きいですね。

Phenom II X4 940 Black Edition
(3.0GHz/L2 512KBx4/L3 6MB/125W/AM2+/$275→$225)
Phenom II X4 920
(2.8GHz/L2 512KBx4/L3 6MB/125W/AM2+/$235→$195)

発売されて間もないですが、早くも価格改正とは・・・
また、第2四半期にPhenom II X4 950が登場するようですね。

Phenom II X4 950
(3.1GHz/L2 512KBx4/L3 6MB/125W/AM2+)

もっと高クロックなモデルが出も欲しいものですが・・・

Core 2 Quad Q7500について

TechConnect Magazine Intel readies low-end Core 2 Quad Q7500
IntelはCore 2 Quad Q7000シリーズを計画しているようですね。
FSBが800MHzでL2キャッシュがQ8000シリーズの半分と、デュアルコアで言うPentium DCのような位置づけです。
ゲーム用途以外ならさほど問題は無いと思いますし、何より値段が魅力的です。

Core 2 Quad Q7500
(2.60GHz/800MHz/L2 1MBx2/65W/$150↓)

また、TDPも65Wとなっており、クアッドコアで低消費電力なPCが欲しいなら結構良いかもしれません。
クロック自体は結構高いですね。

Patriot Warp Series SSD v2のRAIDのレビュー

TweakTown RAID Performance w/ four Patriot Warp 2 SSDs - Up to 660MB/s
Patriotの高速SSD"Warp Series V2"4台をAreca ARC-1231ML RAID controllerに接続した状態でのレビューが掲載されていますね。
RAID 0/1/5/6/10をいろいろな台数でベンチを取っているようです。
まずはリードですが、4台でRAID0を組むと最大660MB/sと非常に高速ですね。
また、2台でも平均310MB/sと十分すぎる速度が出ています。
RAID5の時にMINが若干落ち込んでいるようですが、データの安全性などを考えるとRAID5というのも良いですね。
もちろん単体でも十分な速度が出ています。

一方ライトの方ですが、あまり速度が出ていないですね。
プチフリなのかはよく分からないですが、MINが0MB/sと完全に停止してしまっている部分もありますし、平均的にもさほど速度が出ていません。
RAIDコントローラーを挟んでいますのでオンボードでRAIDをするとどうなるかは分かりませんね。
最後にライトの速度の変化が出ていますが、速度が安定していない様子が分かります。
普通に動かしたらどうなるかも気になりますね。

Intel 価格改正を実施/新モデルも追加

ASCII.jpインテル価格改定! 「Core 2 Quad」最大1.7万円ダウン!
AKIBA PC Hotline Core 2 Quad最上位が3万円台前半に値下がり、価格改定
以前からの情報の通り、Intelの価格改正が実施されました。

Core 2 Quad Q9650
(3.00GHz/1333MHz/L2 6MBx2/95W/約33000円)
Core 2 Quad Q9550
(2.83GHz/1333MHz/L2 6MBx2/95W/約27000円)
Core 2 Quad Q9400
(2.66GHz/1333MHz/L2 3MBx2/95W/約23000円)

Core 2 Quad Q8300
(2.50GHz/1333MHz/L2 2MBx2/95W/約20000円)
Core 2 Quad Q8200
(2.33GHz/1333MHz/L2 2MBx2/95W/約18000円)

Core 2 Duo E7400
(2.93GHz/1066MHz/L2 3MB/65W/約13000円)
Pentium DC E5300
(2.60GHz/800MHz/L2 2MB/65W/約8000円)
Pentium DC E5200
(2.50GHz/800MHz/L2 2MB/65W/約7000円)

そういえば省電力モデルの方は出ていませんね・・・
ドラクエ風の価格表があるようですが、Sempronが(笑

Lynnfield/Havendale向けチップセットのラインナップ

HKEPC Intel 5系列晶片組最新規劃H57、P57及Q57支持Braidwood技術
Lynnfield/Havendaleのチップセットの情報が出ていますね。
Flexible Display Interface(FDI)を搭載していないP57/P55、FDIを搭載しているH57/H55、ビジネス向けのQ57の5モデルが存在するようです。
FDIはHavendaleのGPUコアとチップセットのディスプレイコントローラを接続しているので実質P57/P55はLynnfield向けでしょう。
HanvendaleでもVGAを追加すれば使えるとは思いますが、GPU内蔵の利点が無いですしねぇ。
また、Q57はFDIを搭載しています。

そしてP57/P55ではCrossFire/SLIをサポートするようです。
ついにハイエンド以外でもIntelチップセットでのSLIがサポートということですかね。
BraidwoodというTurbo Memoryのような機能もあるようですが、これはP57/H57/Q57のみのサポートです。

登場時期についても書かれていますが、P55のみ2009年代3四半期、他は全て2010年第1四半期となっています。
Havendaleについては今年は登場しないということになりますが・・・
また、その他の機能やポート数の比較表も最後に掲載されていますね。

RV790/RV740のスペックについて

HARDSPELL AMDs RV790 and RV740 samples a few spec unveiled
RV770の改良版であるRV790と、RV740の情報が出ています。
クロックが判明したようですが、以前言われていたほど高クロックではないようです。

RV790
(750MHz/3600MHz/GDDR5/256bit/1024MB/800sp?/???W)
RV740
(700MHz/3600MHz/GDDR5/128bit/512MB/640sp/???W/$100↓)

クロックに関してはRV790とRV770は同じようですね。
spが増えるという話もあるようですが、今はまだ分からないようです。
RV740はGDDR5の128bitとアンバランスな構成ですが、スペックとしてはHD 4670に近そうです。
HD 4670の高クロック版ですかね。
シュリンクによる消費電力の低下を期待したいところです。

Intel 1月18日の価格改正について

Hardware-Infos Intels Core 2 Quads fallen bis zu 40% im Preis
1月18日に価格改正が行われるようですね。
対象はCore 2 Quad Q9000/Q8000シリーズで、値下げ幅はかなり大きいです。

Core 2 Quad Q9650
(3.00GHz/1333MHz/L2 6MBx2/95W/$525→$317)
Core 2 Quad Q9550
(2.83GHz/1333MHz/L2 6MBx2/95W/$317→$268)
Core 2 Quad Q9400
(2.66GHz/1333MHz/L2 3MBx2/95W/$268→$219)

Core 2 Quad Q8200
(2.50GHz/1333MHz/L2 2MBx2/95W/$219→$187)
Core 2 Quad Q8200
(2.33GHz/1333MHz/L2 2MBx2/95W/$199→$167)

Q9650が大きく値下がりしておりお買い得なモデルとなっています。
また、同時に低TDPのCore 2 Quadも同時に発売しますね。

Core 2 Quad Q9550s
(2.83GHz/1333MHz/L2 6MBx2/65W/$369)
Core 2 Quad Q9400s
(2.66GHz/1333MHz/L2 3MBx2/65W/$320)
Core 2 Quad Q8200s
(2.33GHz/1333MHz/L2 2MBx2/65W/$245)

これらは以前の情報の通りです。
TDPが低いのは魅力ですが、少々価格に見合わない気も・・・

AlbatronとGalaxyもAMDと提携へ

Fudzilla Albatron and Galaxy to go ATI
今までNVIDIAのGPU搭載VGAのみを発売していたAlbatronとGalaxyですが、ついにAMDのRadeon搭載VGAも取り扱うようになるようです。
つい最近にXFXも同じようにRadeon搭載VGAを発表していましたね。
NVIDIA専属というのはだいぶ減りましたね、あとはFORSAぐらいでしょうか。
今までRadeon搭載VGAに参入しなかったのは何故なんでしょうかね。
「NVIDAがAlbatronをアジア市場に限定した」というような文章がありますが・・・
とりあえずRadeonの選択肢が増えるというのは嬉しいです。

ASUS Eee PC 1004DN/D200などについて

PC Watch ASUSTeKブースに未発表Atom搭載のノートPC
以前のD200の追加情報などが出ていますね。
まずはEee PC 1004DNですが、Atom N280+Intel GN40と新しい組み合わせとなっていますね。
N280は1.66GHzとN270のクロックアップ版となっているようです。
またGN40はP45のような4シリーズチップセットがベースとなっているようで、サウスブリッジもICH9と認識されています。
4シリーズチップセットのネットブック向けのようですね。
省電力性は不明ですが、動画再生支援やグラフィック性能の向上などが期待できそうです。
AMDもYukonという強力な対抗モデルを出していることですしね。
さらにオプション扱いですがネットブックとしては初の光学ドライブ搭載モデルですね。
ネットブックというよりは小型ノートみたいですが・・・

D200の方はやはり512MBフラッシュのROMにLinuxを搭載しているようですね。
無線LANルータのようで、NASのようで、PCとしても使えるという変わった製品となりそうです。
ルータやNASでAtomを使うのはオーバースペックだとは思いますが。

さらにBlu-rayドライブ内蔵NASや次世代バッテリーとして期待できるという銀亜鉛電池などが展示されていたようです。
銀亜鉛電池は何より安定しているというのが良いですね。
リチウムイオンは発火などもありましたし。

OCZ Vertex 2/Apexについて

Fudzilla OCZ Vertex 2 SSD boast 480MB/s write speed
DailyTech OCZ Brings New Apex Series Mainstream SSDs to CES
OCZの新しいSSDのVertex 2とApexについての情報が出ています。
まずはVertex 2ですが内部で4チャンネルのRAID構成となっており、リードが550MB/s、ライトが480MB/secと単体のSSDとしては間違いなく最速ですね。
ランダムリード/ライトも相当速いようですし、コントローラーはJMicronではないようですし。
もちろんSATA2ではボトルネックとなるのでSATA 3.0の登場を待つしかないですかね。
SATA 3.0でもいきなり帯域ぎりぎりとなりそうです。
登場は2009年第1四半期中で3月のCebitのあたりとなるようです。
思ったよりもかなり早い登場ですが、SATA 3.0の登場は・・・

一方ApexはやはりPhotoFast G-MONSTER V2シリーズと同じもののようですね。
30GB/60GB/120GB/250GBのラインナップがあるようです。
これを待つならG-MONSTER V2を買っても良いんじゃないでしょうかね。

Windows 7 βのダウンロードが開始

ITmedia Windows 7 β、ようやくダウンロード開始
Microsoft ダウンロードページ (重いです)
Windows 7 βのダウンロードが開始されました。
32bit版と64bit版、それぞれ日本語を含む5ヶ国語が選択できるようになっています。
ダウンロードにはWindows Live IDや個人情報の登録なども必要ですね。
250万にダウンロード数を制限する予定だったようですが、ユーザーの関心の高さを考慮したようで1月24日まで公開を続けるようです。
一時はアクセスが殺到しダウンロードができないという状況にもなったようですが、現在は結構快適にダウンロードできています。
光回線なら10分もあればダウンロードできそうですね。
ダウンロードページが何故か非常に重いですが・・・

Radeon HD 4870X2が価格改正

Expreview AMD Cuts Price of Radeon HD 4870 X2 in Response to GeForce GTX295
Radeon HD 4870X2の値下げが行われるようです。
価格は$549から$449へ、下げ幅は$100と結構大きいですね。
現在の最安値が55000円ほどですので実売価格は4万円半ばほどになるんじゃないかと思います。
$499のGeForce GTX 295に対抗しての値下げでしょうが、性能や消費電力などを考えるとまだ厳しいように思えますね。

SanDisk 高速・長寿命なSSDを発表

Gigazine サンディスクが圧倒的な高速性と長寿命を実現した安価なSSDを発表、古いPCでも利用可能に
Fudzilla Sandisk releases fast SSD
SanDiskから高速で高寿命、なおかつ安価なSSD"C25-G3"が発表されたようです。
ExtremeFFSという技術を採用しており、従来の100倍まで高速化されており、さらに寿命も延ばしているようですね。
確かにリード200MB/s、ライト140MB/sとかなり速い部類です。
また、MLCながら平均故障間隔はHDDの6倍で、240GBモデルは160TBの書き込みにも耐えるようですね。
160TBは一般ユーザーが100年使ったデータ書き込み量らしいです。
SATAモデルとPATAモデルがあり、古いノートパソコンなどにも換装できるのが嬉しいですね。
容量は60GB、120GB、240GBの計3種類でそれぞれ$149、$249、$499と他のSSDと比べてもかなり安い方だと思います。
コストパフォーマンスは非常に高そうですね。

タッチスクリーン搭載のAtomサーバー"Eee D200"?

Engadget Asus Eee D200 タッチスクリーン搭載のAtomサーバ / ルータ
Fudzilla Asus working on Eee D200 home server?
EeeであってEeeではない?
ASUSから本体に3.5インチのタッチスクリーンを搭載したAtomサーバ/ルータの"Eee D200"がCES 2009に載っていたようです。
実際に展示はされなかったという謎の製品ですね・・・
Atom N270と2GBのメモリを搭載し、3.5インチのHDDを2台搭載可能、そしてGbEを4つにMIMOアンテナの802.11n対応無線LANと非常に偏った構成ですね。
さらに512MBのOS用?のフラッシュストレージを搭載しているようですが何に使うんですかね?
軽量のLinuxあたりが入りそうな感じですが・・・
価格が気になるところですが、結構高そうですね。

NVIDIA GeForce GTX 285を発表/GTX 295について

PC Watch NVIDIA、55nmプロセスのシングルチップGPU「GeForce GTX 285」
ASCII.jp シングルGPUでは最速!? NVIDIA「GeForce GTX 285」
ASCII.jp NVIDIA最速のデュアルGPU「GeForce GTX 295」が明日から一斉発売!
NVIDIAのシングルGPUとしては最速となるGeForce GTX 285が発表となりました。

GeForce GTX 285
(648MHz/1476MHz/2484MHz/GDDR3/512bit/1024MB/240sp/183W)

GTX 280と比べ大幅にクロックが向上していますが、55nmにシュリンクされたため消費電力や発熱は低くなっているようです。
性能は大体10%ほど向上していましたね。
出荷開始が1月15日となっており、発売もその辺りになりそうです。
予価が出ていますが、MSIの"N285GTX-T2D1G-OC"が約47000円のようです。
型番からOCモデルのようですが、現在のGTX 280とほとんど値段が変わらないようです。
コストパフォーマンスが上がり扱いやすくなりそうですね。

また、明日からGeForce GTX 295の販売が開始するようです。
57000円前後と思ったほどは高くないですね。
こちらもOC版があるようです。

AMD Phenom IIを正式に発表

PC Watch AMD、45nmプロセスクアッドコアの「Phenom II」を正式発表
PC Watch 新ブランドで展開するAMDの45nm CPU「Phenom II X4」
ASCII.jp Phenomから「Phenom II」へ
予定の通り正式にPhenom IIが発表となりました。

Phenom II X4 940 Black Edition
(3.0GHz/L2 512KBx4/L3 6MB/125W/AM2+/$275)
Phenom II X4 920
(2.8GHz/L2 512KBx4/L3 6MB/125W/AM2+/$235)

今回発表されたのはこの2モデルですね。
トランジスタ数は7億5800万個と約3億個増加していますが、ダイサイズは258mm2と30mm2ほど縮小しています。
価格が以前出ていたよりもかなり下がっていますね・・・

性能に関しては、やはりPhenom X4 9950BEに比べると伸びが大きいものが多く、確実に性能が向上していますね。
Core 2 Quad Q9550と比較されていますが、エンコードではPhenom II X4 940とほぼ同等でゲームでも若干劣るものがありますが良い勝負をしていると思います。
価格を考えるとAMDの方がコストパフォーマンスが良いかもしれませんね。
消費電力ではアイドル時は結構差はありますが、高負荷になるとほぼ同じです。
9950BEと比較するとかなり消費電力は削減できていますしね。
2~3万あたりの価格帯は激戦区となりそうですねぇ・・・

ASUS Eee PC T91/S121などについて

PC Watch International CES 2009が開幕~PC新製品が多数発表予定
TechConnect Magazine Asus S121, first notebook with 512GB SSD
Engadget Asus、世界初の512GB SSD搭載ノート S121を発表
2009年に登場すると思われるネットブックやノートPCなどが展示されているようですね。
まずは、ASUS Eee PC T91ですが、これはタッチパネルのようです。
タッチパネルのEee PCについてはだいぶ前に情報としては出ていましたが、ようやく発売されるのでしょうかね、気になるところです。
また、サブの液晶を横に搭載したようなThinkPad w700dsやYukonプラットフォームのHP Pavilion dv2、タッチパネルの一体型PC、NetOnなどが展示されているようです。

そしてASUSからS121というノートPCが出るようですね。
Eee PC S101の上位版のような型番ですが、どうやらEee PCではないようです。
位置付けはネットブックではなくノートPCですからね。
型番のとおり12型の液晶で1.33GHzのAtom Z520と1GBあるいは2GBのメモリを搭載するようですが、ストレージが512GBの(東芝製?)SSDと非常に豪華ですね。
確かにネットブックではなくモバイルPCなのでストレージの容量は必要ですが、一気に512GBとは・・・
重量は1.3kgとやや重めかもしれませんが、バッテリーは8時間駆動とモバイル用途としても非常に使えそうです。
SSDの速度と値段が気になりますね。

九十九電機 ヤマダ電機に事業譲渡へ

PC Watch ヤマダ電機、九十九電機の事業を譲り受けへ
Yahooニュース ヤマダ電機、九十九電機の民事再生スポンサーに-事業譲渡へ
民事再生手続き中の九十九電機ですが、ヤマダ電機に事業を譲渡する事に合意したようですね。
譲渡されるのはPCおよび周辺関連機器の企画開発と販売事業とのことで、全事業となります。
ヤマダ電機の子会社を通して事業を譲渡するようですが、具体的に社名がどうなるかは不明のようです。
九十九の名前が残るかは分からないですね。
今月31日に譲渡契約を結び、3月上旬に譲渡を完了させるようです。

これで九十九関連の騒動は収まったということでしょうかね。
もしかしたら一部の店舗が無くなるというもありえる話ですが・・・

追記
AKIBA PC Hotline ツクモがヤマダ電機に事業譲渡、基本合意書を締結
どうやら九十九ブランドは残す意向のようですね。
表向きにはさほど影響は無いのかもしれません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。