FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seagateから1.5TBのHDDが発売

ASCII.jp ついに出た! 容量1.5TBのHDD販売開始!
ついに最大容量更新ですね。
Seagateから1.5TBのHDD"ST31500341AS"が発売となりました。
1プラッタ375GBで4枚プラッタのようですね。
価格は最安値が19990円といきなり2万円を切っています。
コストパフォーマンスも悪くないですし、とにかく容量が欲しいという方には良いんじゃないでしょうか。

Lynnfield/Yorkfield/GainestownのCPUの写真の比較

Expreview Mainstream Nehalem: Lynnfield comparison photo revealed
Lynnfield/Yorkfield/GainestownのCPUの写真が並んで掲載されています。
それぞれLGA1160/LGA775/LGA1366ですね。
Lynnfieldの写真は初めてだと思います。
サイズはYorkfield<Lynnfield<Gainestownと、やはりLGA数の順に並んでいますね。
YorkfieldとLynnfieldの差はあまり無いようにも見えますが。
しかしやはり密度が高いですね・・・
マザーボード側の取り扱いには一層の注意が必要みたいです。

Silicon PowerからもEee PC用SSDが発表

TechConnect Magazine Silicon Power makes Eee PC SSDs too
バッファローに続き、Silicon PowerからもEee PC用のSSDが発表されたようです。
容量は16GB、32GB、64GBのモデルがあるようです。
対応しているのはEee PC 900/901/903/905/1000の5種類ですね。
価格は不明ですが、リード/ライトがそれぞれ35MB/sと15MB/sのようです。
ランダムリード/ライトが気になりますが、バッファローのものよりも少々速いかもしれません。
Silicon Powerならそれなりに安いんじゃないでしょうか。

Intel 11月30日にCPU3種を発売

Fudzilla Intel to launch three new CPUs on November 30th
11月30日にIntelのCPU3種類が発売されるようですね。
ラインナップは以下の通りです。

Core 2 Quad Q8300
(2.50GHz/1333MHz/L2 2MBx2/95W/$224)
Pentium DC E5200
(2.60GHz/800MHz/L2 2MB/65W/$86)
Celeron E1500
(2.20GHz/800MHz/L2 512KB/65W/$50)

それぞれ下位モデルの置き換えになるようです。
微妙にコストパフォーマンスが悪い気もしますが・・・

Denebは4.3GHzの動作が可能

NordicHardware Deneb does 4.3GHz on air, launch approaching
Denebで4.3GHzの動作が可能なようですね。
クロック耐性は確実に良くなってきているようです。
SB750搭載マザーという条件があるようですね。
やはりAdvanced Clock Calibrationの機能は結構大きいようです。

クーラーはScytheの峰COOLERと具体的ですね。
高性能なクーラーですが、空冷ですからそこまで発熱も大きくなさそうです。
Deneb FXは3.6GHzぐらいで登場するのでしょうかね。

ロボコンに行ってきました

疲れました。

NHKロボコンの予選大会に出場していました。
全国の地区予選の中では一番手でしたが、各チームとも完成度が非常に高くて驚きました。
地区大会では1分30秒を切れば優勝と言われていましたが、今回優勝したチームはその半分の45秒でゴールしています。
僕たちのチームは2試合目でそのチームと当たってしまい負けてしまいました・・・
こっちの自己ベストは1分15秒ぐらいなので全く歯が立たなかったですね。
DVC00157.jpg
全国は逃してしまいましたが、安川電機賞を受賞しました!

PC関係の更新は明日から再開します。
今日はちょっとしんどいです・・・

明日の更新は休みます

NHKロボコンのため明日の更新は休ませていただきます。
大会自体は日曜日ですが、出場メンバーなので前泊して準備をするため更新はできそうにないです。
日曜日ももしかしたら更新できないかもしれませんが、何とか更新できるように善処します。

まだ地区予選大会ですが、今年も優勝目指して頑張ります!

Nehalem版のSkulltrailについて

Fudzilla Intel working on Nehalem Skulltrail
Fudzilla Dual CPU X58 motherboard pixelized
Nehalem世代でもSkulltrailがあるようですね。
2CPUで8コア16スレッドとXeonベースのNehalem EXが搭載され、ゲーム向けにはどうか分かりませんが、レンダリングやエンコードなどでは最速でしょうね。
非常に高価なのは間違い無さそうです。
二つ目のリンクはX58チップセットでデュアルCPUのマザーボードの写真です。
Skulltrailの開発用のボードか何かでしょうかね。
前回のSkulltrailはいまいち性能が出ませんでしたが、QPIなどの改良で性能が出るのでしょうかね。

バッファローのSSD"SHD-NSUM120G"のレビュー

PC Watch 第5回 バッファローのSSD「SHD-NSUM120G」速報レビュー
バッファローのSSD"SHD-NSUM120G"のレビューが出ています。
中身はOCZやSUPER TALENTのものと同じようです。
しかし何よりも32GBモデルで13000円前後と安さ、導入のしやすさが魅力ですね。
この128GBモデルも約35000円と非常に安いです。
USBも付いており、付属のソフトも便利ですね。

性能に関してはほぼ同じ中身のFTM20GK25HやOCZSSD2-1C128Gと比べてもかなり高速ですね。
標準でFAT32でフォーマットされており、NTFSでフォーマットしなおすと若干性能が下がるようですが、それでも十分な性能です。
ファームウェアが改善され速度が出やすくなっており、また安定してデータの転送が出来るようになっています。
まだまだファームウェアの改良が必要なようですね。
SHD-NSUM120Gはコストパフォーマンスが非常に高く、現在の低価格のSSDではかなり良さそうですね。

Intel 10月19日に価格改正を実施

Fudzilla Intel to cut prices on October 19th
再び価格改正が行われるようです。
今回改正が行われるのはミドルレンジ~ローエンドの5種類のようですね。
さらにCore 2 Duo E7400が追加されます。

Core 2 Quad Q8200
(2.33GHz/1333MHz/L2 2MBx2/95W/$224→$193)
Core 2 Quad Q6600
(2.40GHz/1066MHz/L2 4MBx2/95W/$193→$183)

Core 2 Duo E7400
(2.80GHz/1066MHz/L2 3MB/65W/$133)
Core 2 Duo E7300
(2.66GHz/1066MHz/L2 3MB/65W/$133→$113)

Pentium DC E2220
(2.4GHz/800MHz/L2 1MB/44W/$84→$74)
Pentium DC E2200
(2.2GHz/800MHz/L2 1MB/44W/$74→$64)

Q8200の値下げ幅が大きいです。
しかしQ6600は結構息の長いCPUですね・・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。