FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ExtremeではないBloomfieldはDDR3-1066まで対応

TechConnect Magazine Non-Extreme Intel Bloomfield CPUs to settle for DDR3-1066 memory
ExtremeではないBloomfield、つまり$999のBloomfieldではないモデルはDDR3-1333には対応せずDDR3-1066までの対応となるようです。
つまり2.93GHzと2.66 GHzのモデルですね。
上位機種との差別化のためでしょうけど、性能にどう繋がるかはまだ良く分からないですね。
体感できるほどの差は無いと思われますが・・・

ASUS GeForce 8200搭載"M3N78-EMH HDMI"のレビュー

Digit-Life ASUS M3N78-EMH HDMI Motherboard on NVIDIA GeForce 8200 Chipset (Socket AM2+)
取り扱ってる店がほとんど無いですね・・・
ASUSのGeForce 8200搭載マザーボード"M3N78-EMH HDMI"のレビューが出ています。
まずなぜかオーディオの性能が出ていますが、音質は結構良いようです。
そしてBIOSの設定項目が詳しく載ってありますね。
普通程度の項目しかないですが。
OCに関してはAthlon 64 X2 4000+を2.8GHzまでOCできたようですが、GeForce 8200自体の耐性は高くないと書かれていますね。
性能についてですが同じくGeForce 8200搭載の"Palit N78S"と比較されていますね。
動画のエンコードやゲーム性能などを見てみると全体的に少しだけM3N78-EMH HDMIの方が下回っていますね。
気にするほどのものでもないとは思いますけど。

消費電力については触れられていませんね。
低消費電力だとは思いますが・・・

Gigabyte Atom搭載"GA-GC230D"が展示中

ASCII.jp Gigabyteから「Atom」搭載マザーが登場! 気になる価格は?
GigabyteのAtom N230を搭載した"GA-GC230D"が展示されているようです。
基本的なスペックはほとんど同じのようですが、品質はGigabyteのほうが高いですね。
こちらも残念ながら(おそらくチップセットに)ファンを搭載しています。
サウスブリッジまでヒートシンクを搭載していますね。
BIOSもいろいろいじれそうですし、価格が安ければなかなか良いかもいれません。

ASUS/Gigabyte製P45搭載マザーボードが登場

ASCII.jp ASUSTeK初の「P45」搭載マザーが3モデル同時発売!
ASCII.jp Gigabyte製「P45」マザーが続々! 5モデルが出揃う
ASCII.jp Gigabyte「P45」マザーにお手頃モデルが登場!
ASUSのP5Q/P5Q Pro/P5Q DeluxeとGigabyteのGA-EP45-DS3/GA-EP45-DS3R/GA-EP45-DS4が発売となったようです。
GA-EP45-DS3だけがP45+ICH10で、あとは全てP45+ICH10Rとなっています。
ASUSの最廉価モデルでもICH10Rというのは嬉しいですね。

そして22000円台にはP5Q DeluxeとGA-EP45-DS4がありますね。
P35搭載マザーでは人気だったシリーズの後継版ですが、今回は価格が安めのようです。
P5Q Deluxeは16フェーズ電源と品質が良い割に安いというのは嬉しいですね。
PCIも干渉しにくいレイアウトですし。

Core 2 Quad Q8200/Pentium DC E5200について

Digitimes Intel to launch lower price quad-core CPU
TechConnect Magazine Intel E5000 series to put an end to E2000s
昨日に出たQ8000/E5000シリーズですが、ラインナップが出ていますね。

Core 2 Quad Q8200
(2.33GHz/1333MHz/L2 2MBx2/95W?/$203)
Pentium E5200
(2.50GHz/800MHz/L2 2MB/65W/$84)

価格はそれなりに安いですが、Q8200はそれほどでもないかも・・・
Q6600と同じぐらいの価格になりますが、パフォーマンスがどうなるか良く分からないですね。
また、Q8200・E5200共にVT/TXTをサポートしないようです。
無くても困らないとは思いますが、一応注意してください。

GeForce GTX 280の3-way SLIのスコア

TechConnect Magazine GeForce GTX 280 SLI, tri-SLI press photos, scores
VR-Zone 3-way SLI GTX 280 Scores P21350 In 3DMark Vantage
現状ではまさにハイエンドな構成ですね。
Core 2 Extreme QX9650@4.0GHz+nForce 790i SLI Ultra+3-way SLI GeForce GTX 280という構成で、3DMark VantageのPerformance設定時のスコアは21350だったようです。
3-way SLI時の写真が掲載されていますが、スロットを埋め尽くしていますね。
必要な電力も相当だと思います。
スコアはRadeon HD 3870X2の3倍程度、3-wayでの伸びはそこまで大きくは無いですが少なくともRadeon HD 4870X2が出るまでは確実にハイエンドとなる性能ですね。

"Kuma"は順調、今年後半に登場予定

TechConnect Magazine AMD denies Kuma cancellation rumors
順調・・・?
デュアルコアのK10である"Kuma"はキャンセルされたという記事がありましたが、これは間違いのようでいたって順調、計画通り今年後半に登場するようです。
名前はAthlon X2 6050Bとなるのでしょうかね。
しかしPhenom X3との兼ね合いから$100程度になってしまうのではないかと思います。
AMDとしては需要のあるのか無いのか分からないKumaよりは既存のAthlon X2の方が確実だとは思いますけどね・・・

順調と言ってますけど、元々今年第1四半期に登場のはずだったのでは?
何事も無かったかのように延期してくるのというのは困ったものです。

Intel Core 2 Quad Q8000/Pentium DC E5000シリーズを予定

Expreview Intel’s Roadmap reveals two new CPUs
これでデスクトップ向けで使われていないのは3000シリーズだけですかね。
Intelは新しくCore 2 Quad Q8000/Pentium DC E5000シリーズを登場させるようです。
それぞれE2000シリーズの上位版/Q9000シリーズの廉価版という位置付けですね。
E5000シリーズはL2 2MBとE2000シリーズよりもL2が増えていますね。
一方、クアッドコアのQ8000シリーズはL2が4MB、FSB1333MHzとなっています。
E5000シリーズを2つ載せてFSBを上げたような感じですね。
L2が大幅に削られていますが、ゲームをしなければさほど問題は無さそうですね。
クロックも低めかもしれませんが、元々が早いですし。
安ければなかなか良い選択肢かもしれません。

追記
とんだ勘違いを・・・
修正しておきました。

GeForce 8300とAMD 780Gの比較ベンチ

HARDSPELL GeForce 8300 VS. 780G motherboard game performances contrasted
GeForce 8300搭載マザーとAMD 780G搭載マザーの比較ベンチを行っていますね。
CPUはPhenom X3 8750、AMD 780Gにはオンボードメモリは搭載されておらず、両方とも256MBのメモリを共有しているようです。
まずは3DMark Vantageですが、Entry設定、Performance設定ともにGeForce 8300の方が結構差を付けて上回っていますね。
次に実ゲームですが、得意不得意はあるもののそこまでの差は無いようです。
ゲームでは差はほとんど無かったですが動画再生ではGeForce 8300はかなり優秀で、1920x1088の動画を再生していますが、AMD 780Gの方はCPU負荷が40%ほどですが、GeForce 8300の方は7%前後となっています。
しかもほとんど1コア分しか働いてないですね。
動画再生用途ならGeForce 8300はなかなか良いですね。
HDMIも付いているようですし。
しかし気になる消費電力は載っていませんね・・・

Energy Efficient版Phenom X3が登場予定

TechConnect Magazine AMD preparing energy efficient tri-core Phenoms
Phenom X3初のEE版となるようですね。
第3四半期の真ん中あたりにPhenom X3 8450eとPhenom X3 8250eが登場するようです。

Phenom X3 8450e
(2.1GHz/L2 512KBx3/L3 2MB/65W)
Phenom X3 8250e
(1.9GHz/L2 512KBx3/L3 2MB/65W)

TDP65WのPhenomでは最も高クロックな2.1GHzですね。
価格はどちらも$150以下と値段もそれほど変わらなさそうですし、良さそうですね。

ASUS "Maximus II Formula"と"Rampage Extreme"について

4Gamer ASUSの「R.O.G」は,ゲーマー向けとオーバークロッカ-向けの2ラインナップへ分化
ASUSのR.O.Gシリーズもちょっとした方向転換のようです。
P45搭載の"Maximus II Formula"はゲーマー向け、X48搭載の"Rampage Extreme"はオーバークロッカー向けとして、それぞれの機能を特化させていくようです。
"Maximus II Formula"は一般の自作PCゲーマーでも手の届く価格設定となり、今までのR.O.Gシリーズのような特殊な機能などは無いようですが堅実で高品質なマザーボードとなるようです。
手の届く価格というと25000円前後でしょうか。
"Rampage Extreme"はオーバークロッカー向けのまさにハイエンドモデルとなるようです。
BIOSではなくスイッチで電圧を変更できるというのは凄いですね。
さらに電源に富士通製の機能性高分子ML-3キャパシタを使用し安定した電源を供給する"Extreme Engine"という機能もあるようです。
ML-3キャパシタの詳細が分からなかったので役に立つかどうかは良く分かりませんが。
その他も両製品に共通した特徴があるようですが、それは4Gamerを参照してください。

しかし"R.O.G"は"Republic of Gamers"の略で元々ゲーマー向けだったのでは・・・
ゲーマー層とOCer層はかなり被ってそうですし。
まあ安く出してくれるのは嬉しいですが(笑

AMD デュアルコアのKumaとAgena FXをキャンセル

HKEPC Kuma雙核心、FX處理器不見了AMD大幅修正桌面處理器規劃
デュアルコアのK10であるKumaことAthlon X2 6050Bはキャンセルされたようですね。
さらにAgena FXもキャンセルとの事。
Phenom世代のFXシリーズはDeneb FXまでお預けという事のようです。

2コアのPhenomというのは出ていてもそんなに需要が無いような気がしますね。
値段的には3コアとあんまり変わらなさそうですし、Athlon X2もありますし。
しかしAgena FXが出ないということは当分NehalemはおろかPenrynにも対抗できないかもしれませんね。
Deneb FXが出るのは2009年第1四半期ですか・・・

D945GCLFとD201GLY、J7F2WE-1Gの比較レビュー

UpgraderGuides Featuring the Intel Atom 230 Processor
Atom 230とCeleron 215(1.33GHz)、C7 1GHzの比較レビューです。
まずは3DMark03/05ですが、これはHTのオン、オフに関係なくCeleron 215相当ですね。
PCMark05ではHTが結構効いているようですが。
Sandra LiteではAtomがかなり優勢となっており、HTを切ってもCeleron 215を超える場合もあります。
以前出ていたベンチでもなぜかSandraだけは良い成績でしたね・・・
SuperPIはAtomが苦手とするベンチですが、やはりCeleron 215と比べても遅いですね。

次にゲームベンチですが、わざわざPCIのGeForce 6200まで搭載していますが設定が設定ですし、Atomでそんなゲームをする人は居ないでしょう・・・
World in Conflictを除いてどれもさほど変わらない成績ですね。

消費電力はGeForce 6200のおかげでかなり高くなっていますね。
それでもD201GLYは結構低くはなっています。
ワット性能ではD201GLY以上だと思いますが、わざわざ買い換えるほどでもないかも・・・

VIA Nano向けのNVIDIA製チップセットは2009年第1四半期

TechConnect Magazine Nvidia chipset for VIA Nano reported coming in Q1 2009
Digitimes Nvidia joins VIA in celebrating Nano CPU and Mini-ITX 2.0 launch
VNプラットフォームに対応したチップセットでしょうね。
VIAの省電力CPU、Nano向けのNVIDIA製チップセットは2009年第1四半期に登場するようです。
FSB 1333MHzやDirectX 10に対応しているなどかなり性能は高そうですね。
PureVideoも付いているはずなのでAtomではできなかったHD動画の再生もできると思います。
とにかくこれからの情報に期待ですね。

LynnfieldはOCが可能

TGDaily Intel Nehalem to allow overclocking, some processors will even encourage it
この記事によるとBloomfieldとLynnfieldはOCが可能なようですね。
以前からPLLの関係からOCがロックされてしまうのではないか?という話がありましたが大丈夫なようですね。
多分LynnfieldがいけるならHavendaleも問題ないんじゃないかと思います。

多忙なため説明不足ですみません。
明々後日には通常更新に戻ります。

Western Digital 20000rpmのRaptorを計画

VR-Zone Western Digital working on 20,000 RPM Raptor
Western Digitalは20000rpmのRaptorを計画しているようですね。
20000rpmと聞くと早そうですが、最近のSSDだとランダムアクセスはもちろんの事、シーケンシャルアクセスでもSSDの方が早いんじゃないでしょうかね。
SSDよりは容量単価が安そうですが・・・
そのうちWestern DigitalもSeagateみたいにSSD事業に参入すると思っていたのですが、どうなるのでしょうかね。

P45搭載マザーの各メーカーごとの発売日について

hermitage akihabara 「来週のほうがいっぱい」 (6/5)

Biostar 7日に発売
TPower I45・・・約22000円
TP45 HP・・・約14000円
TP43D2-A7・・・約11500円(P43)

ASUS 12日に発売
P5Q Premium・・・約38000円
P5Q3 Deluxe WiFi-AP・・・約29000円
P5Q Deluxe・・・約24000円
P5Q-E・・・約21500円
P5QC・・・約20000円
P5Q PRO・・・約19000円
P5Q・・・約17500円

Gigabyte 11日に発売

12日には一通りのメーカーが揃う事になりますね。

Bloomfieldの価格とラインナップについて

HARDWARE-INFOS Intel Nehalem: Bloomfield ab 316 US-Dollar
思った以上に下の価格帯にまで登場するようです。
2.66GHz、2.93GHz、3.20GHzの3つが登場する可能性があり、それぞれ$316から$999の価格帯になるようです。
普通に考えると2.66GHzが$316、2.93GHzが$530、3.20GHzが$999というところですか。
$316という話は以前に出ていましたが、"ハイエンド向け"ということであまり信用していなかったので嬉しいです。
しかしX58など一式を揃えると今の$316のCPUを買うよりもトータルではお金がかかりそうですが・・・

Radeon HD 4870X2とGeForce GTX 280の比較ベンチ

VR-Zone Radeon HD 4870 X2 R700 Beats GeForce GTX 280
Radeon HD 4870X2とGeForce GTX 280の比較ベンチが出ていますね。
環境は不明ですが、3DMark VantageのExtreme設定でRadeon HD 4870X2はX5500、GeForce GTX 280はX4800だったようです。
思ったよりも差が大きいですね。
実際のゲームではまた違った特徴が出てくるとは思いますが、十分にGeForce GTX 280に対抗できる性能はあるようです。

またRadeon HD 4850X2という名前が出ています。
HD 4870X2の下位モデルでしょうけど、HD 3850X2が微妙な立ち位置だったのであまり期待はできないかもしれませんね。
せめてもう少し安ければ・・・

GT200はGDDR5もサポートできる

Fudzilla GT200 supports GDDR5
メモリ帯域が凄い事になりそうですね・・・
GT200はGDDR5をサポートする事ができるようです。
サポートするとしたらGeForce GTX 280だと思います。
GDDR5+512bitのバス幅で300GB/sの帯域を得る事ができるようですが、性能にはそこまで影響はしないとの事。
メモリ帯域よりもレイテンシが問題でしょうかね。
しかし確実に性能は向上すると思いますので余計に高くはなりそうですがハイエンドとしては良さそうです。

Radeon HD 4000シリーズとR700の発売日について

TGDaily AMD delays Radeon 4800 launch to June 23
Fudzilla R700 is 6 weeks after RV770
Radeon HD 4000シリーズは6月18日に登場の予定でしたが、6月23日に延期されたようです。
特に問題が出たわけではなく、Radeon HD 4850とHD 4870の登場を揃えるためのようです。
しかし既に発売できる状態のはずですが・・・

また、R700ことRadeon HD 4870X2はHD 4870に6週間遅れて登場となるようです。
8月の初め頃には登場となるのでしょうか。
GeForce GTX 280に対抗できるパフォーマンスを期待したいですね。

P45搭載マザーが発売/Atom搭載マザーの価格について

ASCII.jp 「P45」搭載マザーの販売がスタート!まずは2メーカーから!
hermitage akihabara 「安すぎて並行売れない…」 (6/3)
まずはECSとFOXCONNから発売されました。
ECSのP45T-A (1.0)はP45+ICH10Rで約15000円と安めですが、機能は結構しっかりしていますね。
PCI-Express 2.0 x16スロットが2本あり、CrossFireもサポートしてるかもしれません。
黒基板というのもなかなか良いですね。
FOXCONNのP45AはP45+ICH10ですが約14000円と安く、こちらもPCI-Express 2.0 x16スロットが2本ありますね。
Gigabyteは明日でしょうかね。

Atom搭載のD945GCLFの正規代理店版が少量ながら入荷されたようです。
価格は約10000円と並行輸入版よりもかなり安いようですね。
1'sでは9000円を切っていますし、結構良さそうです。

Intel Atomを発表、各社が搭載品を展示

PC Watch Intel、“Diamondville”こと「Atom」を正式発表
ASCII.jp インテル、Atom搭載製品を発表! 各社からはこんなのが出る!
IntelからAtomが正式に発表され、各社から搭載製品が多数展示されています。

Atom N270
(1.6GHz/533MHz/L2 512KB/2.5W)
Atom N230
(1.6GHz/533MHz/L2 512KB/4W)

N270とN230はクロックなどの性能差はありませんが、省電力機能とTDPに違いがあります。
Atom N230はEISTにも対応していないんですね。

各社からかなりの数の製品が展示されています。
中にはタッチパネルと思われるノートや、変わった形のPotPCなど面白そうな物もありますね。
自作向けにもGigabyteやMSI、FOXCONNと思ったよりもラインナップが多いです。
ASUSが出していないのが気になりますが・・・

GeForce GTX 280の消費電力について

VR-Zone GTX 280 - 25W on idle, 147W on 3dMark06
GeForce GTX 280とGeForce 9800GTXの消費電力の比較がされていますね。
9800GTXのアイドル45W、Blu-ray再生時50W、3DMark06時80Wに比べ、
GTX 280はアイドル25W、Blu-ray再生時32W、3DMark06時147Wとなっています。
アイドル時及びBlu-ray再生時はかなり消費電力が抑えられていますね。
しかし負荷がかかると一気に消費電力が増え倍近くにもなっています。
性能が高いだけあって消費電力はかなり高いですね。

Intel 4シリーズチップセットを発表

4Gamer GIGABYTE,ゲーマー&オーバークロッカー向けP45マザーを公開
PC Watch MSI、Intel P45 Express搭載マザーボード5製品
PC Watch Intel P45搭載デスクトップが各社から
Expreview Intel P45 chipset official debut today
Intelの4シリーズチップセットが発表され、各社から多数展示されています。
P45は既に解禁されていますが、G45はまだ時間がかかるようですね。
性能に関しては今までの情報の通りですが、やはりA2ステッピングなのでDDR3-1333はサポートされていません。
A3ステッピングから対応となるのでDDR3-1333に対応させたいなら第3四半期まで待たないといけませんね。

マザーボードの画像はExpreviewが見やすいですね。
FoxcconはDDR3のAvenger、DDR2のELAというハイエンドらしきマザーもあります。
GigabyteにはExtremeという名前の付いたマザーもありますね。

Nehalemは2009年第3四半期までBloomfieldのみ

PC Watch ソケット数の制約から脱却するNehalem世代のIntel CPU
メインストリームに降りてくるにはまだまだ時間がかかるようです。
Intelのロードマップが出ていますが、LynnfieldとHavendaleが登場するのは2009年第3四半期でそれまではBloomfieldのみのようです。
Bloomfieldはハイエンドなので当然高いわけですが、X58専用であることやDDR3を3本単位で必要になる事からトータルコストはかなり高くなりそうです。
Bloomfieldも$999とは限らないですしね・・・

その反面Sandy Bridgeへの移行は早く、ノート向けは1年半と割と短命ですね。
Sandy Bridgeもメインストリーム以下が遅いかもしれませんけど。

GeForce 9800GTのレビュー

HARDSPELL The first review of 9800GT
写真と共にGeForce 9800GTのレビューが出ています。

GeForce 9800GT
(600MHz/1500MHz/1800MHz/GDDR3/256bit/512MB/112sp)

AMDのCPUでHybrid SLIの状態で3DMark06を行っています。
環境が不明なのでスコアから性能は分かりませんが、スペック上ではGeForce 8800GTと同等でしょう。
Hybird Powerで861、Additional Displaysで863、GeForce accelerationで7340、単体で7490というスコアになっています。
しかしHybird SLIが必要無いなら55nmにならないと9800GTはいまいちですね・・・

P45搭載マザーの発売日のラインナップについて

hermitage akihabara 「同時発売ではなさそう」 (5/31)
P45搭載マザーの発売日のラインナップの情報が出ています。
6月3日に解禁となりますが、間に合うのはMSIの数モデルのみとの事。
翌日か翌々日にはGigabyteのマザーも登場するようです。
ASUSは第2週~3週とかなり遅れるようですね。

また、P45はA2ステッピングとなりDDR3-1333はサポートされない可能性があるようです。
A3ステッピングの登場は第3四半期と結構遠いですね。
確実にDDR3-1333のサポートが欲しい方は第3四半期まで待った方が良さそうです。

話は変わりますが、Atomは6月5日に登場となるようですね。
価格は15800円、高すぎです。
ここまで高いとメリットは無さそうですね。

GeForce GTX 280/GTX 260のゲーム性能について

VR-Zone GeForce GTX 280 & GTX 260 Gaming Performance
目盛の表示が(笑
NVIDIA公式のGeForce GTX 280/GTX 260のゲーム性能の情報が出たようです。
Radeon HD 3870X2といろいろな有名タイトルで比較されていますね。
Call of JuarezやWorld in Conflictの伸びが大きく、F.E.A.RやUnreal Tournament 3の伸びは小さめですね。
全体的にはGTX 280が1.8倍、GTX 260が1.6倍ぐらいです。
かなり良い性能だとは思いますが、NVIDIAの発表なのでそこまでは信用できないかもしれませんね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。