FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく更新はお休みです

自動車の運転免許合宿のため3月17日から4月2日の更新は休ませていただきます。
本当に申し訳ないですがご了承ください。

長野県に行くんですが、どうやらネット環境は無いようなので・・・
友達と4人で行くので修学旅行も兼ねて行ってきます。
時間があれば大須も行ってみたいですね~
スポンサーサイト

3月9日の日本橋の続き

ajin.jp さようならceleron D こんにちはC2Q Q6600
ようやく構成一覧を記事にしてくれました(笑
レビューにも期待したいところです。

Core 2 Quad Q9000シリーズの予価

hermitage akihabara 「たぶん数個しか入らない」 (3/15)
Q9000シリーズの予価が出ていますね。

Core 2 Quad Q9550
(2.83GHz/1333MHz/L2 6MBx2/95W/$530/約62800円)
Core 2 Quad Q9450
(2.66GHz/1333MHz/L2 6MBx2/95W/$316/約37800円)
Core 2 Quad Q9300
(2.50GHz/1333MHz/L2 3MBx2/95W/$266/約32800円)

思ったよりも安い気がしますが、やはり数は少ないとの事。
欲しい方はお早めに。

Windows Vista SP1が発売&SP1のレビュー

AKIBA PC Hotline Vista SP1のDSP版発売、イベントで速度向上アピール
ASCII.jp 64bitが好調! Vista SP1の販売がスタート!
ASCII.jp SP1で速くなる! 神様降臨の「Vista SP1」祭り本日開催!
ITmedia Windows Vista SP1を検証してみた
昨日からWindows Vista各エディションのSP1モデルが発売しました。
Σは26000円前後、Ultimateが25000円前後、Businessが20000円前後、Home Premiumが15000円前後、Home Basicが13000円前後となっているようです。
それぞれの店頭ではイベントも行われ、有名人も来ていたようです。
Intelの天野伸彦氏の話では、Core 2 Quad Q9000シリーズも当分品薄が続くようで、十分な数が供給できるのは5月か6月になるようです。
出来るだけ早く数を出して欲しいところですが・・・

早速SP1のベンチを行っていますね。
SP1を当てる事でメモリの4GB表示やexFATのサポート、新規ハードウェアのサポートなど目新しいものもありますが、基本的には修正パッチの集合体です。
基本的な部分の速度が上がり、地味ながらも確実に性能が上がっていますね。
まだ普通に使う分にはXPに見劣りする感じは否めないですが・・・

Phenom 8600とPhenom 9600の比較

Fudzilla Tri-Core Phenom 8600 tested
Phenom 8600とPhenom 9600、Athlon X2 4850eの比較ベンチが行われています。
といっても3DMark06/03と消費電力だけですが。
結果としては8600、9600共にそれほど違いは無く、X2 4850eよりはそれなりに高速です。
クロック効率はやはりAthlon X2シリーズよりは高いですね。
3DMark系では3コアと4コアの違いはほとんど出ないと思いますが・・・
消費電力もそれほど変わら無いですが、これは全てのコアがフルロードでないと意味が無いのであてにはならないかと。
ただ相変わらず消費電力は高いです。
これだけではあまり参考にはならないですね・・・

デスクトップ版Eee PC"EP20"について

DailyTech ASUS Reveals Eee PC Desktop Variant
これも一応UMPCなんでしょうか・・・?
デスクトップ版のEee PCである"EP20"についての情報が出ています。
正式には"Digital Home System EP20"と呼ばれるようですね。
小柄な筐体ながらDiamondvilleを搭載しているので十分な性能があるようです。
DVI出力もあるようですね。
OSはXandrosというLinuxを搭載しているようです。
騒音レベルは24db程度のようです。
スペックに関してはまだまだ決まってないようですね。
そういえば以前の情報ではCeleronを搭載しているという話でしたがAtomに変わっていますし。
まあ当時はAtomという名前はありませんでしたが。
シングルコアとデュアルコアの両方をサポートするようです。
第2四半期に登場し、価格は$199となるようですが市場価格は$299辺りのようです。
日本で発売されると3万円ちょっとという所でしょうか。
安くて低消費電力なデスクトップというのは嬉しいです。

B3ステッピングのPhenom 6050/6250?

Fudzilla AMD to launch two dual-core Phenoms
なんとも怪しい情報ですが・・・
AMDは第2四半期にデュアルコアでB3ステッピングのPhenom 6050とPhenom 6025を登場させるようです。
TDPはどちらも65Wと現行のPhenomシリーズの95Wよりも低いです。
クロックや他スペックについては不明ですね。
AMDはこの件についてはノーコメントのようです。

Athlon 6050/6025の事では・・・?

HavendaleとAuburndaleは2009年第2四半期に登場

TG Daily Intel's CPU+GPU for desktops and notebooks to arrive in Q2 2009
TechConnect Magazine Intel to couple CPUs and GPUs in H1 2009
Nehalem世代のGPUを統合したCPU"Havendale/Auburndale"は2009年第2四半期に登場となるようです。
ソケットは以前出ていた情報の通りLGA1160ですが、AuburndaleはmPGA989とソケットが変わるようですね。
統合されるGPUはG45の次の世代のGPUとなるようです。
TDPはHavendaleは75W、Auburndaleは55W/45Wとなるようです。
Auburndaleはノート向けにしては熱過ぎる気がしますが・・・
サウスブリッジに相当するIbexpeakとIbexpeak-mはIntel 5シリーズのブランドになるようです。

IntelのHavendale/AuburndaleにしろAMDのSwiftにしろ、メモリがネックになりそうな気が・・・

Phenom/Athlon 64 X2/Athlon X2が価格改正

TechConnect Magazine Phenom and Athlon price cuts planned for April
AMDが4月7日にPhenom/Athlon 64 X2/Athlon X2シリーズの価格改正を行うようです。
B3ステッピングのPhenomや3コアのPhenomが登場するために調整を行うようですね。
具体的なモデルは出てきていませんし、値下げ幅も不明ですがPhenom 9500は$200を下回るようです。
全て1ランク下ぐらいに値下げされるのでしょうかね。
しかしPhenomシリーズが登場して僅かしか経っていないのに2回目の価格改正・・・
大丈夫なんでしょうかね。

GeForce 9800GTXの正式なスペックと価格

VR-Zone GeForce 9800 GTX official slides revealed US$299-349 pricing
GeForce 9800GTXのスペックが載ったNVIDIAのスライドが出ています。

GeForce 9800GTX
(675MHz/1688MHz/2200MHz/256bit/512MB/128sp/$299~349)

6ピン電源が2つで消費電力は156Wとなっています。
9800GX2は18日、9800GTXが25日に発表となっています。
発売もおそらく同時となりそうですね。
E6750+9800GTXでUXGA、4xAA+16xAFの環境下でメジャーなゲームのベンチを行っています。
CPUが足を引っ張っているっぽいですが、World in ConflictとCrysis以外はそれなりに快適に動作するようです。
3-way SLIのスコアの増加率も載っていますね。
1GPU→2GPUと2GPU→3GPUではスコアの伸び方が違うものが結構あります。
Quakeは3-wayの意味はあまり無いですし、F.E.A.R.は3-wayにする事でスコアが一気に上がりますね。
全体的にはやはり2GPU→3GPUよりも1GPU→2GPUの方がスコアの伸びが大きいですが。

Radeon HD 3850X2が登場?

TechConnect Magazine Radeon HD 3850 X2 rumored being prepared
OCW AMD prepares 3850X2 for Computex 2008
Radeon HD 3870X2の低クロック版、Radeon HD 3850X2を計画しているようです。
性能はRadeon HD 3850のCrossFireに近いものになるようですね。
まあ当然といえば当然ですが。
3870X2にような形のシングルPCBで、ブリッジチップはPCIe2.0に対応する可能性もあるようです。
登場時期はRV770とほぼ同じようです。
価格は$200以上と$200半ばなら結構安いかもしれませんね。

G92の55nm版が登場?

TechConnect Magazine AMD RV770 in June, 55nm G92 coming soon after?
VR-Zone Nvidia Prepares 55nm G92 Against AMD RV770
6月にRV770が登場しますが、そのすぐ後に55nm版のG92が登場するようです。
まずモバイル向けの55nmG92が登場するようですね。
しかしシュリンクしてクロックを上げてもまだRV770には性能では敵わないようです。
RV670よりも40%も性能が上がっているなら納得できますね。
あくまで55nm版G92はGT200までのつなぎですし。
消費電力がさらに下がったG92と考えるとなかなか良さそうですが。

Wind PCはWindows XPとVistaをサポート

Fudzilla MSI Wind PC supports XP and Vista
MSIのUMPC"Wind PC"のOSはLinux系ではなくXPとVistaをサポートするようです。
AtomならVistaでも快適に動作させれるでしょうかね。
UMPCでVistaをサポートするのはこれで2つ目となります。
しかしあえてUMPCでVistaを使う意味はなさそうですね。
Vistaが動くスペックでXPを動かすのが合理的な使い方だと思います。

PropusのL3キャッシュはdisableではなく存在しない

Fudzilla Deneb 0MB L3 doesn’t have L3 cache disabled
DenebのL3を無効化したのがPropusだと言われていましたが、実際には"disable"ではなく"存在しない"ようです。
つまりダイレベルでカットされているという事ですね。
L3をカットする事でダイサイズが小さくなり、歩留まりも上がって製造コストは下がるのでAMDとしてはシークレットウェポンなんでしょう。
6MBものキャッシュとなるとそれなりのサイズになりますしね。
さらにL3があっても無くても性能にはさほど影響は無いようです。
Penrynに対抗できるパフォーマンスを期待したいですね。

GeForce 9800GTXのSLI時の3DMark03/05のスコア

Uni Hardware 风水轮流转,该是nv更新驱动的时候了
解像度は全てXGAなので微妙な出来です・・・
シングルGPUの時にCPUはXeon E3110@4.0GHz、9800GTXのクロックは729/1822/1944とかなりOCされた状態で3DMark03のスコアは44063とかなり高いです。
しかし864/2160/2646と極限までOCすると3DMark03スコアは38520と下がってしまいます。
耐性は非常に高いと思いますが、熱の影響でしょうかね。
次にSLI、Xeon E3110@4.5GHz、800/2000/2330の状態で3DMark03のスコアは59800となっています。
こちらは結構スコアが上がっていますが、この状態ではどうやっても3DMark05/06が完走しなかったようです。
CPUのクロックを4.275GHzに落とすと3DMark05が完走したようで、このときのスコアが28225となっています。
クロックが高いので比較がしにくいですが、XGAでこのスコアは良くはないです。
耐性は良いと思いますが。

ノート向けCPU/Atomの価格

VR-Zone Intel Mobile Processors Pricing Updated
VR-Zone 35W Montevina Desktop CPUs Price Up
VR-Zone Intel Atom Processor Pricing Unveiled
それぞれの価格の一覧が出ています。
ノート/デスクトップ向けのAtomやCeleron 575/585などが増えていますね。

Atom N270
(1.66GHz/533MHz/L2 512KB/2W/$44)
Atom 3xx
(1.87GHz/533MHz/L2 ?KB/?W/$??)
Atom 2xx
(1.87GHz/533MHz/L2 ?KB/?W/$??)
Atom 230
(1.66GHz/533MHz/L2 ?KB/4W/$29)
Celeron 575
(2.00GHz/667MHz/L2 1MB/31W/$107)
Celeron 585
(2.13GHz/667MHz/L2 1MB/31W/$86)

Atom 230はやはりダイサイズが小さいので安いですね。
Atom 3xxはデュアルコアになります。
さらにCore 2 Extreme QX9300はデスクトップ向けは$970、ノート向けは$1038になるようです。
ややこしいので型番を分けて欲しかったですが、どちらにしろ高いですね・・・

MSIからもEee PC対抗の"Wind PC"

Fudzilla MSI's Wind PC 10 inch pictured
MSIからもASUSのEee PCの対抗となるUMPC"Wind PC"を発売するようですね。
Intel Atomを搭載し、8インチと10インチのモデルがあるようです。
15インチのノートPCの上に10インチのWind PCが載っている画像がありますね。
MSIは元々ノートベアボーンを作っていたのでそれほど驚くような事でもないですが、各社が続々とUMPCに参入してきましたね。
個人的にはUMPCにはかなり期待しています。

3月9日の日本橋

久しぶりの需要があるのか無いのか全く分からない日本橋ネタです(笑
ajin.jpのajin氏と一緒に行ってきました。
主に彼の新PCのパーツを買いにです。
パーツ構成は近いうちに彼のHPで出るでしょうし、レビューもしてくれると思いますのでここでは書かないです。
しかし本当に学生(?)かと思うような凄まじいスペックです・・・
Q6600+P35+9600GTはまあ良いとして、ディスプレイがSX2461W
価格はパソコン本体≒ディスプレイです。
絵描きは良く分からないですが、きっとそれなりのスペックが要るのでしょう。
SX2461Wはヨドバシカメラで購入したのですが、今日まで10%オフだったようですね。
ポイント含めて10万ちょっとでしたからおそらく最安かと。
それと少量ですがPC 1'sにE8200とE8400が入荷していました。
価格はそれぞれ24790円、29800円でした。
並行輸入版でしょうが欲しい方はお早めに。

次世代のCloudBookはDiamondville搭載?

infoworld CloudBooks may use Intel's Diamondville processor
先日発売されたCloudBookですが、現在はVIAプラットフォームですが将来的にIntelプラットフォームのDiamondvilleを搭載したCloudBookも予定しているようです。
本文を見る限り2つのモデルを予定しているようですね。
Diamondvilleを搭載したCloudBookは最高1.6GHzのCPU、120GBのストレージ、8.9インチのタッチスクリーンと豪華なスペックですね。
価格次第ではSSDも視野にあるようです。
登場時期にもよりますがシングルコアでしょうかね。
価格は$499を予定しているようです。
OSはやはりgOSのままですね。
ドライバでは対応していますし、Windowsモデルがあれば日本でもかなり売れそうですが・・・
VIAプラットフォームのCloudBookも続くようで、こちらも8.9インチの液晶画面(タッチパネルとは限らない)を搭載しているようです。
今のCloudBookはEee PCの対抗モデルとしては弱いですが、これはなかなか面白そうですね。
日本でも売って欲しいものです。

ASUS X48搭載"P5E3 Premium WiFi-AP"のレビュー

TECHSPOT Testing Intel's X48 chipset: ASUS P5E3 Premium WiFi
Rampage Formulaと並んでASUSのハイエンドとなるX48搭載マザー"P5E3 Premium WiFi-AP"のレビューが出ています。
CPUを囲むヒートシンクが特徴的ですね。
クーラーは結構制限されそうですが。
P5N-T DeluxeやX48-DQ6と比較されていますが、当然ながらそこまでの差はありません。
強いて言うならゲームのスコアが若干良いですが、誤差程度だと思われます。
OC耐性ですが、Core 2 Duo E8400を4.43GHzまでOCしていますね。
FSBは2000MHz近いですが、おそらくCPUの方が限界かと。
OC耐性もそうですが、省電力チップ"EPU"の性能が見られないのが残念ですね。

X48とYorkfieldは3月24日?

hermitage akihabara 「たぶんCPUはないんだよ」 (3/7)
X48チップセット搭載マザーの発売日は3月24日に正式に決まったようです。
Core 2 Quad Q9000シリーズも同日だと言われていますが、まだ未確定のようですね。
来週には出荷も開始されるのでそこらへんの情報も出てくるでしょう。

相変わらずCore 2 Duo E8400の人気は凄まじく、今回の並行輸入版はインドから来たようです(笑
品薄の解消もいつになるんでしょうか・・・

Core 2 Quad Q9000シリーズは来週出荷開始

HARDSPELL Intel ships Core 2 Quad 9 series next week, C1 stepping
X-bit Yorkfield Processors to Start Selling Next Week.
上田新聞さん Q9550/Q9450/Q9300は米国時間3月24日に発売予定
エラッタで延期となっていたYorkfieldですが、ようやく来週より出荷開始となるようです。
発売は3月24日か25日辺りになるのではないかと思います。
他の情報については以前の情報と同じですね。

Core 2 Quad Q9550
(2.83GHz/1333MHz/L2 6MBx2/95W/$530)
Core 2 Quad Q9450
(2.66GHz/1333MHz/L2 6MBx2/95W/$316)
Core 2 Quad Q9300
(2.50GHz/1333MHz/L2 3MBx2/95W/$266)

あと気になるのは出荷量ですね。
Wolfdaleみたいな品薄は避けて欲しいところです。

AMDとNVIDIA製チップセット搭載マザーが多数展示

PC Watch 発表に合わせ各社のAMD 780G搭載製品が一斉展示
PC Watch 未発表チップセット搭載マザーが多数展示
AMD 780GやnForce 790i Ultra SLI、nForce 780aなどのチップセットを搭載したマザーが多数展示されているようです。
やはり気になるのはnForce 790i Ultra SLIですね。
ASUSのStriker Extreme IIの対抗となるFoxconnの"DREADNOUGHT"は大きなヒートシンクを搭載し、水冷にも対応しているようです。
確かに名前の通りド級ですね。
LanParty NF790i SLI-T3Rの電源回路はデジタルPWMのようです。
リヤIOがすっきりしているのはやはりThermalRight製チップセットクーラーがつくからのようです。
巨大な冷却機構を搭載しているものが多いですが、発熱はそんなに大きいのでしょうかね。

DisplayPort搭載"Bliss 9600 GT 512MB GS"が発売

ASCII.jp 先週に引き続きDisplayPort搭載9600GTカード!
個人的にはこっちの方を待っていました。
GeForce 9600GT Sonicに引き続き2モデル目となるDisplayPort搭載VGAの"Bliss 9600 GT 512MB GS"が発売しました。

Bliss 9600 GT 512MB GS
(700MHz/1750MHz/2000MHz/GDDR3/256bit/512MB/64sp)

スペックはGeForce 9600GT Sonicと同じですが、搭載クーラーが良いですね。
ヒートパイプを搭載しており外部排気タイプです。
価格は約24000円とまずまずです。
HDMI搭載VGAと考えても十分安いですね。

AMD Montrealはネイティブな8コア?

Fudzilla AMDs eight core is a native one
怪しいですが・・・
Montrealは2つのShanghaiをMCMで接続した物ではなく、ネイティブな8コアとなるようです。
これは最初にサーバーやハイエンド向けとして登場するようです。
登場は2009年になるとのこと。
Montrealよりも目先のShanghaiのほうが気になりますが・・・

GeForce 9800GTXは3月25日に登場

Expreview 9800GTX will hit the market in March 25
シングルGPUではハイエンドとなるGeForce 9800GTXは3月25日に登場となるようです。
GeForce 9800GX2もそろそろ登場となる頃ですね。
性能は8800GTS 512MBのOC版というところですが、価格で勝負して欲しいですね。

ここからは告知となりますが、3月17日~4月2日まではおそらく更新が出来ません。
向こうの環境次第ですが、理由は後々・・・

CeBITでShanghaiのデモが行われる

Inquirer Shanghai pictured
CeBITでShanghaiの4Pサーバーのデモが行われたようです。
しっかりWindowsで16コアが認識されていますね。
電圧は正しいかは分かりませんが1.150Vとなっています。
しかし肝心のクロックは認識されていませんね。

さりげなくディスプレイは良い物使ってます・・・

Intel 4シリーズチップセット搭載マザーボードが多数展示

PC Watch 未発表チップセット「Intel 4シリーズ」が多数展示
CeBIT 2008でIntel 4シリーズチップセットを搭載したマザーボードが多数展示されているようです。
展示は主にX48/P45/G45のようですね。
ASUSはP5Qシリーズとなるようです。
やはり定番となりそうなのはASUSのP5QやGigabyteのGA-P45-DS3Rあたりでしょうか。
DDR2とDDR3が混在するマザーが結構ありますね。
G45搭載マザーはHDMIを搭載しているモデルも多いです。

Jetwayの"HI04"はSLI対応を謳っていますが、間違いでしょうね。
本当なら嬉しいですが、流石にそれは無いかと・・・

AMD Denebで3GHzオーバーが可能?

Fudzilla Deneb 45nm can go over 3GHz
以前はShanghai世代で2.8Ghzが登場するという話がありましたが、Denebは3.0GHzオーバーも可能なようです。
確かにPenryn/Nehalem世代と性能で勝負するなら最低でも3.0GHzは欲しいところですね。
Intelはその気になれば4.0GHz近いYorkfieldを出す事も難しくないでしょうし。
65nmではいまひとつだったAMDも45nmで体勢を立て直す事ができるのでしょうか。
Shanghai世代には期待しています。

Intel Atom@1.6GHzのSuperPIのスコア

ComputerBase Erster Benchmark von Intels Silverthorne
TDP2.5Wという事を考えると速いかも?
SilverthorneことAtom@1.6GHzのSuperPIのスコアが出ています。
1Mで1分48秒という結果になっていますね。
Core 2 Quad Q6600が18秒なので結構遅く感じますね。
だいたい1.13GHzのPentium Ⅲレベルです。
しかしTDPを考えると性能は悪くないと思います。
少なくともMIDぐらいであれば十分な性能かと。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。