FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.9インチのEee PCの写真

Fudzilla Asus shows off 8.9" Eee PC
Engadget Asus Eee PC次世代モデルは9インチ、実機ギャラリー
Engadget Asus Eee PC 9インチ次世代モデル vs 現行モデル比較ギャラリー
もはやUMPCとは言えないですが。
現在のEee PCの後継となる8.9型のEeeの写真が出ています。
ディスプレイの大型化に伴い1024x600と解像度が大きくなっていますね。
これならさほど不便ではないと思います。
現在のEee PCとの比較もありますが、全体的に大きくなっているようですね。
SSDも8GBと12GBのモデルがあるようです。
登場は今年中盤ごろで価格は62000円と高くなっていますね。

昨日発表されたAtomが搭載されるという話ですが実際はどうなんでしょうかね。

MSIブランドのDDR2メモリ"StarMemory"

ComputerBase MSI zeigt eigenen Arbeitsspeicher „StarMemory“
MSIがデスクトップ用のDDR2メモリ"StarMemory"を発表したようです。
DDR2-667とDDR2-800があるようでですね。
写真の赤いヒートスプレッダのものは2GBのようですが、青いのは1GBでしょうか。
どこのチップかが気になりますね。

しかしこのヒートスプレッダ、どこかで見たような・・・?

ASUS nForce 790i SLI搭載"PINOTNOIR "の写真

techPowerUp! ASUS R.O.G. Pinot Noir Motherboard Previewed
ピノ・ノワールはワインに使う葡萄の品種のようです。
nForce 790i SLIを搭載した新しいR.O.Gシリーズ"PINOTNOIR "の写真が出ています。
これはDDR3版ですが"Extreme"という名前が無いのでDDR2版は無いかもしれませんが。
PCI-Express x16スロットが3つあります。
何より特徴的なのが、巨大な水冷機構ですね。
鮮やかな色をしています。
詳細が気になるところですね。

Intel Atom(Silverthorne)を発表

PC Watch インテル、Silverthorneの正式名称を「Atom」に決定
PC Watch ウィルコム、インテルAtomを搭載した新モバイル端末
4Gamer Intel,MID向けCPU「Silverthorne」を「Atom」と命名し正式発表
Intelは今までSilverthorneと呼ばれていたものをAtomと変更し正式に発表したようです。
Atomを搭載するプラットフォームは"Centrino Atom"となるようですね。
ロゴがIntelとしては珍しく(?)赤が基調となっています。
AtomはMID(Mobile Internet Device)向けCPUでダイサイズが25mm2以下とIntel史上最も小さいx86プロセッサとなるようです。
Atomを持っている写真がありますが確かに小さいですね。
Penrynと同じHi-kメタルゲート採用の45nmプロセスで製造され、トランジスタ数は4700万、TDPは0.6~2.5Wとなっています。
Core 2シリーズと互換性のある命令セットを持っており、Hyper-Threadingもサポートするなど性能は結構良いです。

さらにウィルコムからAtomを搭載したモバイル端末が6月に登場するとのこと。
Windows Vista搭載となかなか良さそうですね。

R700世代のチップは5種類

Fudzilla R700 generation consists of five chips
R700世代は一つのR7x0と4つのRV7x0が存在するようです。

RV615、RV620(HD 3400シリーズ)→RV720
RV630、RV635(HD 3600シリーズ)→RV730、RV740
RV670(HD 3800シリーズ)→RV770
R680(HD 3870X2)→R700

AMD系のコードネームはややこしいので覚え書きとしてまとめておきます。

GeForce 9800GX2をオーバークロック

Fudzilla Geforce 9800 GX2 first scores are in
GeForce 9800GX2をデフォルトの600MHz/1500MHz/2000Mhzから730MHz/1500MHz/2080MHzまでオーバークロックしたスコアが出ています。
ほぼコアクロックのOCだけですね。
その時の3DMark06のスコアが16100、3DMark05のスコアが19400になったようです。
デフォルトの場合はそれぞれ14400、17600だったようなのでクロックなりに性能が上がっていますね。
発熱が気になるところですが、流石はG92なので耐性は高いです。

ASUS"P5E64 WS Professional"とMSI"X48 Platinum"のベンチ

Digital-Daily ASUS P5E64 WS Professional vs. MSI X48 Platinum
ASUSのX38搭載マザーボード"P5E64 WS Professional"とMSIのX48搭載マザーボード"X48 Platinum"のレビューが行われています。
どちらもDDR3をサポートしていますね。
"P5E64 WS Professional"はワークステーション向けのマザーボードで4つのPCI-Express x16スロットを持ち8ディスプレイ出力をサポートしています。
"X48 Platinum"はMSIのハイエンドでDual-Channel PWMやCrossFireをサポートしています。
ヒートパイプも特徴的ですね。
FSBのOC耐性は"P5E64 WS Professional"が2264MHz、"X48 Platinum"が2218MHzとほぼ同じですね。
もうちょっと"X48 Platinum"の方が伸びるかと思ったんですが。
性能は、GigabyteのGA-X48-DQ6とも比較されていますが、若干"P5E64 WS Professional"の性能が高いぐらいで平均するとほぼ同じぐらいですね。
なぜかWinRARだけ"X48 Platinum"が飛びぬけて高いですが。
X48の登場ももうすぐですね。

メインストリーム~ハイエンドVGA6種の比較ベンチ

bit-tech Performance Mainstream Graphics Update
GeForce 8800GS/8800GT/8800GTS/9600GT、Radeon HD 3850/HD 3870の6種の比較ベンチが行われています。
いろいろな設定でベンチがとられている上にCrysisやCall of Duty 4など有名なゲームは一通り揃っているので、GeForce系とRadeon系、どちらが得意かなどがよく分かりますね。
最後のページにはGeForce 9600GTを1とした場合のスコアが載っていて比較しやすいです。
Radeon HD 3870はやはりほぼ同等、8800GTは大体1.2倍の性能というところでしょうか。
8800GSは場合によっては良いスコアを出していますが、バス幅のせいでスコアが安定せず結果として0.75倍ぐらいの性能しか出ていませんね。
これからVGAを買うという方は良い参考になると思います。

Core 2 Duo E4700/Pentium DC E2220が発売

ASCII.jp 新CPUが2つひっそりデビュー! 「Core 2 Duo E4700」と「Pentium DC E2220」
Core 2 Duo E4700とPentium Dual-Core E2220の販売が開始したようです。

Core 2 Duo E4700
(2.6GHz/800MHz/L2 2MB/65W/$139)
Pentium DC E2220
(2.4GHz/800MHz/L2 1MB/44W/$87)

価格はそれぞれ約17000円、約11000円となるようです。
それよりもE8000シリーズの品薄を解消して欲しいですね・・・

Palit GeForce 9600GT Sonicのレビュー

TweakTown Palit GeForce 9600GT Sonic Graphics Card
初のDisplayPort搭載VGAとなるPalit GeForce 9600GT Sonicのレビューが行われています。

Palit GeForce 9600GT Sonic
(725MHz/1750MHz/2000MHz/GDDR3/256bit/512MB/64sp)

昨日の情報ではコアクロックは700MHzとなっていましたが、今回は725MHzとなっていますね。
CPUはCore 2 Quad Q6600@3.0GHz、設定はデフォルトでLeadtek 8800GT、Galaxy 9600GTと比較されています。
Galaxyの9600GTも2スロットのOCモデル(675MHz/1625MHz/2000MHz)ですね。
性能についてですが、やはりGalaxyの9600GTと比べるとクロックの分性能は高いです。
8800GTに比べると流石に劣りますが、低解像度では9600GTが有利な場面もありますね。
Enemy Territoryはクロックの高い9600GTの方が性能が出やすい傾向にあるようです。
温度に関しては排気温度を計測しています。
Palit GeForce 9600GT Sonicは排気温度が低く、ケース内部に熱を溜めやすいようですね。
肝心のコア温度はなぜか載っていません・・・
騒音は低めですが、Galaxyの9600GTはロード時に騒音が低くなっているのであまり信用しない方が良いかもしれませんね。
消費電力はファンの違いかは分かりませんがかなり低めです。
DisplayPortは現状使い道は無いですが、値段も安く9600GT搭載VGAの中では性能も高いので良いと思います。

GeForce 9800GTX/GX2、Radeon HD 3870X2の比較ベンチ

VR-Zone GeForce 9800 GX2, 9800 GTX & 3870 X2 Compared
NVIDIAとAMDのハイエンドが比較されていますね。
CPUはCore 2 Quad Q6700で全てデフォルトの設定のようです。
9800GTXが13167、9800GX2が14225、3870X2が14301となっていますね。
9800GX2と3870X2はほぼ同じ性能にまでなっていますね。
ドライバの改良か、以前出ていたベンチよりは確実に性能が上がっています。
しかし登場が3870X2よりも遅く、価格も高すぎるのでもっと大きな差が無いと魅力的ではないですね。
このベンチを見る限りそれは期待できないと思いますが・・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。