FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GeForce 8800GTのメモリ容量ごとの比較ベンチ

Expreview 8800GT, how much memory do you need?
256MB、512MB、1GBのメモリ容量のGeForce 8800GTの比較ベンチが行われています。
8800GTで予算と性能の兼ね合いが気になる方には良いベンチですね。
結果的にはやはり256MBではアンチエイリアシングを有効にすると一気にスコアが下がるものが多いですね。
解像度にはさほど影響しないようです。
しかしF.E.A.Rのように4xAA+16xAFでもほとんど影響しないものもあります。
DX10のWorld In ConflictでWUXGA+4xAA+16xAFやDX10のCall of Juarezほどの高負荷になると1GBのメモリが効いてきますが、あとは512MBでも1GBでもさほどスコアには影響しないようです。
コストパフォーマンス的にはやはり512MB版が一番良いですね。
256MB版はAAやAFを有効にしないなら良いかもしれませんが、値段差を考えると512MBの方が良いですね。
1GB版は発売されていないので待つぐらいなら8800GTSを買ったほうが良さそうです。
スポンサーサイト

Gigabyte "GA-X48-DS5"の写真

DONANIM HABER Gigabyte'dan X48-DS5 Geliyor
bit-tech Gigabyte X48, P35 gets Energy Efficient
ハイエンドの1つ下のモデルにあたる"GA-X48-DS5"の写真が出ています。
といっても写真からは"GA-X48-DQ6"との違いがあまり分かりませんね。
リアI/Oの配置が少し変わっているぐらいですかね。
実際にはCrazy Coolが無くなり、eSATAとLANとIEEE1394が減っているようですが。
bit-techの書き方を見る限りヒートシンクも銅製ではないようです。
フィンはアルミ製って事ですかね。
ちょっとでも安く抑えたい方には良いかもしれませんね。

ASRock FSB1600MHzに対応するP35搭載マザー2製品

OCW ASRock 4Core1600Twins-P35 2nd Intel P35 based board introduced
OCW Exclusive ASRock 4Core1600P35-WiFi+ P35 board with solid Caps support Yorkfield, Wolfdale
P35搭載ながらFSB1600MHzに対応した"4Core1600Twins-P35"と"4Core1600P35-WIFI+"を発表しました。
"4Core1600Twins-P35"はメインストリーム、"4Core1600P35-WIFI+"はハイエンド向けという感じですね。
どちらもDDR2を4本、DDR3を2本搭載できるのが特徴です。
"4Core1600Twins-P35"はCrossFireに対応していますが、あとはごく平凡な感じですね。
WiFiコネクタは搭載しているようですが、肝心の本体は付属しないようです。
"4Core1600P35-WIFI+"はASRockとしては初のハイエンドと呼べるマザーボードですね。
"4Core1600Twins-P35"との違いはオールアルミ固体コンデンサ、ICH9R、WiFi、IEEE1394、SATAの数でしょうか。
基板は同じものを使っているようですし。
今のところFSB1600MHzに対応するCPUはCore 2 Extreme QX9770のみなんでFSB1600MHzに対応するメリットはあまり無いですが、値段次第では結構アリな選択かもしれませんね。

GeForce 8800GSの写真とスペック

HARDSPELL Geforce 8800GS 192bit 384MB/768MB GDDR3
GeForce 8800GSはメモリの容量でクロックが変わるようですね。

Geforce 8800GS
(650MHz/1625MHz/1900MHz/GDDR3/192bit/768MB/112sp/$205?)
Geforce 8800GS
(575MHz/1438MHz/1700MHz/GDDR3/192bit/384MB/112sp/$164?)

価格は1499元、1199元というのを現在のレートでドルに変換しました。
値段から考えるとやっぱり微妙ですね・・・
Yeston製の384MBモデルの写真も載っています。
2スロット仕様ですがリファレンスではないようですが。
HDMIとアナログRGB出力をサポートしています。
さらに下には同じくYeston製の768MBモデルも載っています。
こちらはDVI-I出力が2つですね。

DOS/V magazineが休刊、不定期刊誌へ

ITmedia Tank ソフトバンク 「DOS/V magazine」不定期刊化、他
上田新聞さん DOS/V magazineが月刊誌としては休刊
個人的には非常に残念なニュースです・・・
DOS/V magazineは2月号を以って月刊誌としては休刊となり、以後不定期刊誌として存続するようです。
DOS/V magazineの自作特集で自作パソコンにのめり込んだ人間としては寂しいです。
やっぱりパソコン関係のニュースなどはネットの方が早いのでわざわざ買う理由が無くなっているのでしょうかね。
常時接続でない時代は付属のCDがかなり重宝されていたようですが、最近はフリーソフトの詰め合わせぐらいしか印象がありませんし。
僕も今年の4月あたりから学校の図書館でDOS/V magazineを置かなくなって以来あまり読んでいないんですけどね。
他のPC誌も同じような状態でしょうが、頑張って欲しいです。

GeForce 9800GTX(G100)のスペック?

VR-Zone GeForce 9800 GTX (G100) Specs revealed
ソースが無い上にトンデモスペックなんで参考程度に・・・

Geforce 9800GTX?
(780MHz/3200MHz/GDDR5/512bit/2048MB/256sp)

GDDR5搭載はまだ考えられますが、これだけ高クロックで256spでTDPは8800GTSよりも15~25%低いというのは考えられないですね。
このスペックで出たら間違いなくRadeon HD 3870X2には勝てますが(笑

1GBx2メモリをセットにした"GA-P35-DS3P"が発売

ASCII.jp メモリ2GB分同梱のお買い得マザーボード「GA-P35-DS3P」が登場!
P35+ICH9Rを搭載する"GA-P35-DS3P"に、1GBのメモリ2枚を同梱したモデルが登場したようです。
Gigabyteが正式に発売したものではなく代理店限定モデルのようで、型番は"GA-P35-DS3P1GX2"となっていますね。
同梱するメモリはWalton Chaintech製のAPOGEE DDR2-800です。
Walton Chaintechは最近リンクスと販売代理店契約を締結したところで、DDR3では最速のDDR3-2000を発表したところですね。
チップはエルピーダ製のようなので品質は高そうですね。
価格は約20000円とセット内容からするとかなりお買い得になっています。
マザーボードもP35搭載モデルでは定番なのでおすすめです。

GeForce 8800GSのレビュー

HARDSPELL First review of G92 core 8800GS
OCW NVIDIA 8800GS to launch in Feb 2008
スペックと3DMarkの結果が出ていますね。

Geforce 8800GS
(575MHz/1438MHz/1700MHz/GDDR3/192bit/384MB/96sp/$149~179)

3DMark05のスコアは16661、3DMark06のスコアは9540となっています。
他にも3DMark06+4xAAで7106、UXGAで3DMark06+4xAAで5908となっています。
Crysisのベンチも出ていますね。
登場は2008年2月中旬になるとのこと。
ということは2月14日か19日あたりになりそうですね。
以前出たベンチ結果が9600GTSなら8800GSは9600GTとそれほど性能的には変わらないということになります。
性能が近いものをあえて同時期に出す意図が分かりませんね・・・

AthlonとSempronの新しいロゴ

Expreview 一睹为快!Athlon、Sempron新logo曝光
AMD 770チップセットの色違いみたいですね・・・
イメージ的にはAthlonがオレンジでSempronが緑なんですが。
個人的には手抜きっぽくてイマイチですね。

CFD Athlon 64 X2+マザー+メモリの自作キット

PC Watch CFD販売、Athlon 64 X2/マザー/メモリを同梱した自作キット
CFDからAthlon 64 X2とマザーとメモリをセットにした自作キットが発売されるようです。
内容は上位の"RAKUKIT-4400+/2G"はAthlon 64 X2 4400+と1GBx2のメモリとマザー、下位の"RAKUKIT-4200+/1G"はAthlon 64 X2 4200+と1GBのメモリとマザーボードをセットにしたもののようです。
マザーボードは共通でJetwayのAMD 690G搭載"M2A694-GDG-PB"です。
価格はそれぞれ24800円、21800円前後になるようです。
内容からするともう少し安くして欲しいですね・・・
価格差がそれほど無いので"RAKUKIT-4400+/2G"の方が良さそうです。

GeForce 9600GTS(?)のベンチ結果

9600GTS comparison test
GeForce 9600GTS(?)のベンチが出ていますね。
9600GTSとして情報が出ていた事はありませんが、コアクロックが500MHzから650MHzになっており、それがリファレンスクロックといわれているので9600GTの高クロック版のようです。
ただ情報が無いのでまだ確定ではないですが・・・

GeForce 9600GTS
(650MHz/2000MHz/GDDR3/256bit/512MB/64sp/$???)
GeForce 9600GT
(500MHz/2000MHz/GDDR3/256bit/512MB/64sp/$169?)

Core 2 Quad Q6700@3.33GHzと組み合わせて3DMark06で比較ベンチを行っています。
8800GTで13134、9600GTSで10754、HD 3850で10588となっていますね。
コアクロックが650MHzでHD 3850相当なら9600GTでは結構下がってしまいますね。
ミドルレンジだということを考えると妥当かもしれませんが。

3DMark08のスクリーンショット

PCPOP 3DMark08遭遇华南虎!首批截图被揭穿
HARDSPELL 3DMark newest version name and shots unveiled
次世代の3DMarkである3DMark08のスクリーンショットが出ています。
HARDSPELLにはインストールの手順まで書かれていますね。
人間はまだ違和感がありますが、風景はまるで写真のようですね。
リリースは来月のようです。
やはり現状のハイエンド構成でギリギリ動くぐらいの重さなんでしょうかね。

Phenom 9600 Black Editionが発売

ASCII.jp 年末投入で話題となるか!? クロック倍率フリーの「Phenom 9600 Black Edition」が発売に!
AMDからのクリスマスプレゼントという倍率変更が可能な"Phenom 9600 Black Edition"が発売しました。
スペックはPhenom 9600と同じです。
値段もそれほどPhenom 9600と変わらないですし、オーバークロックで遊んでみるのもいいかもしれませんね。
当然オーバークロックは自己責任ですが。

GeForce 9600GTの情報

HKEPC NVIDIA明年情人節推出9600GT ?!G94將內建64個SP、256Bit介面
GeForce 9600GTについての情報が出ています。
といっても以前出ていた情報とほとんど変わりませんが、大まかな性能が出ています。

GeForce 9600GT
(500MHz/2000MHz/GDDR3/256bit/512MB/64sp/$169?)

値段に関しては$149というのも出ていましたが、8600GTの後継と考えるとこれぐらいかと思います。
性能はRadeon HD 3850と比べて20~40%高性能のようです。
ということはRadeon HD 3870とそれほど変わらないということですかね。
9600GTを2個搭載するという9800GX2とHD 3870を2個搭載するHD 3870X2はスペック的には大差なさそうですね。
あとはドライバ次第ですが、3-way SLIを見る限りNVIDIAのドライバはそれほど悪くなさそうです。

D9EことGeForce 9800GX2は2月19日

Expreview GeForce 9800 GX2 coming on Feb, 19th
GeForce 9600GTからわずか5日ほどですね。
9800GX2はGeForce 7950GX2のようなデュアルGPUカードとなるようです。
しかし以前はシングルダイになるといわれていましたが・・・
Quad SLIは消費電力が厳しそうですが、性能がどうなるか気になるところです。
しかしD8Eはどうなったんでしょうかね。
D9Eが2月19日に出たらD8Eは今から出しても中途半端になってしまいますが・・・

追記
TechConnect Magazine GeForce 9 rumors come about
GeForce 9800GX2は9600GTを2つ搭載したもののようですね。
バス幅は256bitで1GBのメモリを搭載してるようです。
さらに9600GTは$149以下になるとのこと。
スペックは以前出ていたものと変わらないですね。

Everex "Eee"対抗の小型ノートPC"Cloudbook"

OCW A potential ASUS EeePC killer, Everex Cloud Book
Engadget gOS搭載の400ドル UMPC「Cloudbook」
Everexからも手頃な価格のUMPCが発売されるようです。
スペックはEeeとの大きな違いはCeleron MではなくVIAのC7 ULV 1.2GHzを採用している事ですね。
C7はクロックの割りに性能が低いですが、650MHz駆動のCeleron M 353と性能は同じぐらいでしょうかね。
あとはSSDではなくHDDで容量も大きい30GBです。
OSはUbuntu系のgOSを採用していますが、Windowsもサポートしています。
EeeはアナログRGB出力ですが、CloudbookはDVI出力ですね。
発売は来年1月半ばになると予想されています。
値段もEeeと同じですしスペックもそれほど変わらないのでこちら楽しみですね。
何よりEeeに競争相手ができた事で「何故か日本でだけ異様に値段が高い」なんて事にもならないでしょうし。

日立GST HDD事業を売却?

NIKKEI NET 日立、HDD事業を米ファンドに売却へ・子会社株50%弱
GIGAZINE 日立、HDD事業を来年早々にも売却か
個人的には日立のHDDは好きだったんですが・・・
営業不振が続き来年の1月にも売却先を決定するようです。
しかし日本では有名な日立GSTもシェアでは16%しか無いんですね。
HDD業界はSeagateとWestern Digitalのツートップとなるんでしょうかね。

追記 GeForce 9600GTは2008年2月14日に登場?

Expreview 9600GT to be the first product of Geforce 9 series
最初に登場するGeForce 9シリーズはD9Pこと9600GTで、同時にG80とG84とG86はEOLとなるようですね。

GeForce 9600GT
(500MHz/2000MHz/GDDR3?/256bit/512MB/64sp)
DX10.1/SM4.1/第3世代PureVideo

やはり3-way SLIはサポートしないようですが、サポートしても性能的にはあまり効果が無いかもしれませんね。
性能は8800GTと8600GTSの間ぐらいかと思います。
そして再びGeForce 8800GSの噂が出ています。

GeForce 8800GS
(?MHz/?MHz/GDDR3?/192bit/384MB/96sp)

こちらはバス幅は9600GT以下ですがSP数が多いですね。
若干中途半端ですがパフォーマンスが気になるところです。

Expreviewの記事が更新されていたので修正しておきました。

AMD Bulldozerは開発が遅れている?

Inquirer Bulldozer is off the roadmaps for now
AMD Analyst Dayでも触れられなかったBulldozerですが、開発は遅れているとのこと。
AMDは"Swift"(Fusion)と"Bulldozer"を同時に開発していましたが、現在はSwiftが優先的に開発されているためBulldozerの開発が遅れているようです。
2011年になるという話もあり、当分は情報すら出てこないかもしれませんね・・・
同時開発は困難でローリスクなSwiftを優先的に開発したのは正しかったようですが、AMDとIntelの企業体力の差はやはり大きいですね。
しかし今の状態でNehalemはまだしもWestmere以降に対抗しきれるか不安ですね。

Intel Core 2 Quad Q9000シリーズが延期

PC Watch Intel、YorkfiledコアCore 2 Quadの出荷を延期
FSB周りにバグが見つかったようで、第1四半期後半まで延期のようです。
延期するのはCore 2 Quad Q9000シリーズ、つまりYorkfieldコアのCPUです。
原因はFSBのノイズで、6層基板などマージンが多く取れるものは影響が無いようですが、P35などに多い4層基板ではマザーボードによっては正常動作ができないようです。
Phenomの様子を見る限り延期してもQ6600で十分だと判断したようですね。
QX9650やYorkfieldコアのXeonも同様の問題を抱えているはずですが、ハイエンドのみでサポートされているので問題は無いようです。
この間にAMDには頑張って欲しいですね。

Radeon HD 3600/3400シリーズの写真とスペック

MADBOXPC AMD Radeon HD3450, HD3470 y HD3650
TechConnect Magazine AMD Radeon HD 3400 and 3600 cards detailed
RV635(HD 3600)とRV620(HD 3400)詳細なスペックと写真が出ています。

RV635XT(HD 3670?)
(800MHz/2000MHz/GDDR3/128bit/256MBor512MB/$100以上)
RV635Pro(HD 3650?)
(600MHz/2000MHz/GDDR3/128bit/256MBor512MB/$100以上)
RV620(HD 3470)
(600MHz以下/1000MHz/GDDR3/64bit/256MBor512MB/$60)
RV620(HD 3450)
(525MHz/800MHz/GDDR3/64bit/256MBor512MB/$50)

ファンがかなり小さいですから消費電力や発熱もそれなりに減っていると思います。
DisplayPort搭載のディスプレイも発売されたようですし、なかなか良さそうですね。

ASUS X48搭載R.O.Gシリーズ"Rampage Formula"

TechConnect Magazine Asus X48 Republic of Gamers board pictured
"最大"の次は"暴れる"のようです。
ASUSの新しいR.O.G.シリーズ、X48搭載の"Rampage Formula"の写真が出ています。
見た感じは"Maximus Formula"とそれほど変わらないです。
気になるのはX48が2月かそれ以降まで延期された事ですね。
このマザーボードもそれぐらいまでは登場しないということですし。

しかしランページと聞くと某スパロボが・・・

AMD Phenom 9600 Black Editionを発表、発売は25日

PC Watch Phenom 9600 BlackEditionが25日発売、値下げも実施
ASCII.jp AMD、倍率可変仕様の「Phenom 9600 Black Edition」を発表
倍率変更が可能なPhenom 9600 Black Editionは25日に発売のようです。
TSUKUMO eXでの予価は34780円となっているようです。
Phenom 9600の実売価格からすると5000円ほど高くなっていますね。

Planet 3Dで書かれていた"Christmas gift"とはこの事だったのでしょうかね。

DELL DisplayPort搭載30型WQXGA液晶"3008WFP"

PC Watch デル、Display Port搭載の30型WQXGA液晶
初のDisplayPort搭載ディスプレイがDELLから明日発売されるようです。
スペックは30型WQXGA(2560×1600)、映像入力はDVI-Dx2、ミニD-Sub15、HDMI、コンポーネント、Sビデオに対応しているようです。
他にもUSB 2.0x4、CF/Microdrive/SD/MMC/xD-Picture Card/メモリースティックに対応しているようです。
価格は228000円と思ったより安いですね。
DisplayPort搭載VGAはRadeon HD 3670が初となりますが、発売はもう少し先ですね。
しかしスペックと安さは申し分ないと思います。

NVIDIA nForce 700シリーズチップセットが発表

4Gamer NVIDIA,PCIe 2.0&3-way SLI対応の「nForce 700」チップセットを発表
4Gamer 「nForce 780i SLI」との組み合わせでチェックする「3-way SLI」の実力
ITmedia ASUS「P5N-T Deluxe」でnForce 780i SLIを試す
ようやくnForce 700シリーズチップセットが発表となりました。
発表されたのはnForce 780i SLI/750i SLIの2つですね。
早速780i SLI搭載の"P5N-T Deluxe"と3-way SLIのレビューが出ています。
P5N-T DeluxeはPCI-Express x16スロットを3スロット搭載し当然3-way SLIに対応していますが、3-way SLIにするとそれ以外の拡張スロットが使用不可能になるのが難点ですね。
780i SLIの上にはスイッチングチップであるnForce 200があります。
マザーボード自体の性能はそれほど差は出ませんでしたが、現状では3-way SLIを構築するにはマザーボードが少ないのでこれがベストチョイスとなりますね。
3-way SLIのベンチではXFXの"MB-N780-ISH9"を使用しています。
性能に関しては以前からの情報と同じでしょうかね。
ForceWare 169.25 Betaに登録されていないゲームはスコアが落ちる可能性もあるようです。
消費電力もやはり異様に高いですね・・・
3-way SLIを勧める理由はそれほど無いですが、ハイエンド好きには良いかもしれません。

しかしnForce 750i SLIが非常に地味な存在に・・・

ASUS $199ノートPC"Eee"を国内でも発売

PC Watch ASUSTeK、7型ノートPC「Eee PC」の国内販売を決定
ITmedia “199ドルノート”の安くない中身に迫る――ASUS「Eee PC」(前編)
ITmedis “199ドルノート”の安くない中身に迫る――ASUS「Eee PC」(後編)
ASUSの$199という価格で話題となった7型ノートPC"Eee"が日本でも発売となるようです。
実際は$199よりも高い$299~399だったようですが・・・
CPUはCeleron M 353(630MHzで動作)、チップセットはIntel 910GML+ICH6-Mと処理能力は低くはないですね。
ただしこれは台湾のものなので日本で発売される時はCPUやチップセットが変わっている可能性もあるようです。
画面の解像度は800×480ですが、7型ということを考えると仕方が無いですね。
メモリも512MBでこのサイズでは十分だと思います。
HDDはSSDで4~16GB、無線LANも搭載していて重量は1kgを切る920gです。
NINJA COPPERよりも軽いですね(笑)
OSはWindows XP搭載モデルも検討しており、価格は5万円ほどになるようです。
7型というサイズで5万円は安いですよね。
XPもなかなか軽く動くようですし。
SSDの容量が低いのであまりアプリケーションは入れられないかもしれませんが、特定のアプリ専用のモバイルPCとしては良さそうですね。

G100(D9E?)は来年3月登場

Fudzilla Nvidia’s G100 comes in March
以前にも言われていたGeForce 9シリーズですが、ハイエンドは来年3月に登場するようです。
しかしコードネームが以前に言われていたものとは違い、従来のG100になっています。
以前はD9Eと呼ばれていましたが・・・
G100=D9Eということで良いんでしょうかね?
さらにメインストリームのG96も同時に登場するようです。
G96はG84の後継で、GeForce 8600シリーズの置き換えとなるようです。

Phenomの価格改正について

TechConnect Magazine AMD to cut prices of Phenom CPUs and introduce Black Edition Phenom 9600
Planet 3DNow Weihnachtsaktion von AMD - Phenom 9600 unlocked zu Dual-Core Preisen
VR-Zone AMD cut Phenom prices
AMDは今週にPhenom 9600 Black Editionを発売し、それに合わせてPhenom 9500/9600及びAthlon 64 X2 6400+/5000+ Black Editionを値下げするようです。
値下げ幅はPhenom 9500が$40程度、Phenom 9600は若干、Athlon 64 X2 6400+/5000+ Black Editionはそれぞれ$20、$30値下げされるようです。
Phenom 9600はBlack Editionとの差別化の為なので少ししか値下げされませんが、Phenom 9500は$211前後とかなりお買い得ですね。

1kg超の"NINJA COPPER"が近日発売予定

PC Watch CPUクーラー「NINJA」の銅製モデルが近日発売、重量1Kg超
CPUクーラーの定番モデルである忍者の銅モデル"NINJA COPPER"が登場するようです。
元々はアルミ製で重量は640gとそこそこの重さだったんですが、フィンが銅製に変更されて重さは1015g、CPUクーラーの中でもかなりの重量級です。
マザーボードの方が心配ですが、バックプレートが付属しねじ止めをするので大丈夫なようです。
銅ですからアルミより冷えそうですね。
価格は約6500円と若干高めですが、限定生産のようなので欲しい方はお早めに。

FSB1600MHzのXeon E5472が発売

ASCII.jp FSB1600MHz対応のクアッドコアCPU「Xeon E5472」がデビュー!組み込み向け
システム一式という制限付ですが、Xeon初のFSB1600MHzモデルであるXeon E5472が発売されました。

Xeon E5472
(3.00GHz/1600MHz/L2 6MBx2/80W/LGA771)

対応するマザーボードは今のところSupermicroのX7DWA-Nだけみたいですね。
CPU単価は約15万円となり、システム一式の最小構成時の価格は50万にもなるようです。
USER’S SIDE本店でデモを行っているようですので欲しい方は見てみるのも良いかもしれませんね。
個人レベルでこれだけの処理能力が必要な方なんてなかなか居ないかもしれませんが・・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。