FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CeBIT MSIのG84とG86のMXMモジュール

VR-Zone CeBIT : NVIDIA G84 & G86 On MXM
いままでMXM規格はあったのに単体発売されなかったMXMモジュールですが、いよいよ発売されるのでしょうか。
MXMモジュールを見る限りG84かG86かは分かりませんが、DX10対応って事は
といってもノートベアボーンの需要ってあんまり無いような・・・
メーカー製ノートパソコンで使えるようになれば面白そうですね。
Dynabook SSやLet's noteなどモバイルノートで使えるならどこでもゲームが出来ますし。
あとはうまく熱対策することですね。

GeForce 8600シリーズの写真2

VR-Zone CeBIT : MSI 8600 GT & 8500 GT Cards w/ HDMI
Inquirer INQ strips down Nvidia 8800GT/GTS, 8500GT (メーカー不詳)
パソコンつくーる GeForce 8600シリーズの写真
MSIは独自にHDMIに対応させていますね。
しかしこのチラッと見える黄色のコンデンサは・・・Lelonで見たような気が・・・
一方Inquirerの方は大事なところが消されていたりしてメーカーが分からないです。
なんとなくLeadtekみたいな感じはしますけど。
8500GTは発熱量が少ないみたいですね。
この感じならファンレスも大丈夫そうです。

CeBITネタ マザーボード&グラフィックボード編

VR-Zone Pre-CeBIT Coverage Part I
各社からBearlakeなどの次世代チップセットを搭載したマザーボードなどが展示されていますね。
詳しい型番やスペックは読み取れないものもありますが、AUSUのTrioと書かれたヒートシンクがあるマザーボードや、SauternesとマザーにプリントされたR.O.GシリーズのP965搭載マザーなどが気になりますね。
Gigabyteは多くのファンレスのグラフィックボードが展示されていますね。
型番からおそらくRADEON X1650やGeForce 8600GTなどミドルレンジのGPUですが、ファンレス製品が増えるのはいいですね。
さらに展示されているほとんどの製品がオールアルミ電解コンデンサのようです。
Gigabyteだけでなく、最近はアルミ固体を使っているメーカーが増えましたね。
しかしたまに水色や黄色いコンデンサを使っていたりするので油断は出来ませんが。

GeForce 8600シリーズの写真

VR-Zone NVIDIA GeForce 8600-Series Details Unveiled
やはり前情報通りGeForce 8600 GTSには補助電源がありましたね。
消費電力はGTSが71W、GTが43Wです。
しかしこれはおそらくアイドル時の計測値で、フルロード時はもっと高いと思います。
当然SLI対応です。
ファンの大きさはGeForce 7シリーズと大差ないですね。
発熱はそこまで増えていない様子。
まだリファレンスなので各社のグラフィックボードがこの形をしているかは分かりませんが。
・・・GalaxyあたりがまたZALMANのクーラーを乗っけてきそうですね。
OCモデルやファンレスも出して欲しいですね。

G90はShader Model 5.0 をサポート?

VR-Zone NVIDIA Readies Shader Model 5.0
MyDrivers NVIDIA准备迎接Shader Model 5.0
まだSM4.0も普及しきっていないうちにもうSM5.0の話ですか。
SM4.0はDirectX 10でサポートされたのでSM5.0はDirectX 10.1かDirectX11ですかね。
G90世代はいつになったら出てくるのでしょうかね。

Intel 第3四半期に大幅な価格改正 ノート向け

HKEPC Santa Rosa定於5月9日發佈 並放棄推出HSDPA模組
次はノート向けのCore 2 Duo Tシリーズです。
ノート向け初のExtreme Editionが出ますね。

Core 2 Extreme X7800 (2.60GHz/800MHz/L2 4MB/2007年Q3)  
無し→無し→$851

MeromコアのFSB800MHz版です。
TDPはこの値かはまだ分かりませんが、この程度だと思われます。

Core 2 Duo T7700( 2.40GHz/800MHz/L2 4MB/34W?)  
無し→$530→$530
Core 2 Duo T7500 (2.20GHz/800MHz/L2 4MB/34W?)  
無し→$316→$316
Core 2 Duo T7300 (2.00GHz/800MHz/L2 4MB/34W?)  
無し→$241→$241
Core 2 Duo T7100 (1.80GHz/800MHz/L2 4MB/34W?)  
無し→$209→$209

現行のCore 2 Duo Tシリーズです。
価格の変化は無いですね。

Core 2 Duo T7600 (2.33GHz/667MHz/L2 4MB/34W)  
$637→$637→$637
Core 2 Duo T7400 (2.16GHz/667MHz/L2 4MB/34W)  
$423→$423→$423
Core 2 Duo T7200 (2.00GHz/667MHz/L2 4MB/34W)  
$294→$294→$294
Core 2 Duo T5600 (1.83GHz/667MHz/L2 2MB/34W)  
$241→$241→$241

MeromのFSB800MHz版の低電圧版です。
周波数が同じナンバーと比較すると600MHz低くなっています。
TDPはまだ分からないです。

Core 2 Duo L7500 (1.60GHz/800MHz/L2 4MB/?W)  
無し→$316→$316
Core 2 Duo L7300 (1.40GHz/800MHz/L2 4MB/?W)  
無し→$241→$241

X7900の情報は今回出ませんでしたね。

Intel 第3四半期に大幅な価格改正 デスクトップ向け

VR-Zone Intel Core 2 Quad & Duo Price Cuts In Q3
HKEPC Intel Q3加速普及四核心 Q6600售價累跌幅近7成
Q6600が安いです。
クアッドコアの普及が一気に進みそうですね。
価格の順は現在→4月22日→第3四半期です。

Core 2 Extreme QX6800 (2.93GHz/1066MHz/L2 4MBx2/130W)  
無し→無し→$999
Core 2 Extreme QX6700 (2.66GHz/1066MHz/L2 4MBx2/130W)  
$999→$999→無し
Core 2 Quad Q6700 (2.66GHz/1066MHz/L2 4MBx2/105W?)  
無し→無し→$530
Core 2 Quad Q6600 (2.40GHz/1066MHz/L2 4MBx2/105W)  
$851→$530→$266

Core 2 Duo E6850 (3.00GHz/1333MHz/L2 4MB/65W/2007年Q3)  
無し→無し→$266
Core 2 Duo E6750 (2.66GHz/1333MHz/L2 4MB/65W/2007年Q3)  
無し→無し→$183
Core 2 Duo E6550 (2.33GHz/1333MHz/L2 4MB/65W/2007年Q3)  
無し→無し→$163

Core 2 Duo E6700 (2.66GHz/1066MHz/L2 4MB/65W)  
$530→$316→$316
Core 2 Duo E6600 (2.40GHz/1066MHz/L2 4MB/65W)  
$316→$224→$224
Core 2 Duo E6420 (2.13GHz/1066MHz/L2 4MB/65W)  
無し→$183→$183
Core 2 Duo E6400 (2.13GHz/1066MHz/L2 2MB/65W)  
$224→$183→$183
Core 2 Duo E6320 (1.83GHz/1066MHz/L2 4MB/65W)  
無し→$163→$163
Core 2 Duo E6300 (1.83GHz/1066MHz/L2 2MB/65W)  
$183→$163→$163

Core 2 Duo E4500 (2.2GHz/800MHz/L2 2MB/65W/VT無し/第3四半期)
無し→無し→$133
Core 2 Duo E4400 (2.0GHz/800MHz/L2 2MB/65W/VT無し/)  
無し→$133→$113
Core 2 Duo E4300 (1.8GHz/800MHz/L2 2MB/65W/VT無し)  
$163→$113→$113

ハイエンドはQX6700からQX6800に変わるようですね。
QX6700の代わりにQ6700が追加されています。
おそらく倍率変更は出来ないと思いますが。
次はローエンドのCPUです。
【“Intel 第3四半期に大幅な価格改正 デスクトップ向け”の続きを読む】

TDP 50W版Quad-Core Xeonの価格

VR-Zone Intel powers down four-core Xeon
TheRegister Intel powers down four-core Xeon
Quad-Core XeonのTDP 50W版の価格が出ました。
Xeon L5320(1.86GHz/1066MHz/L2 4MBx2/TDP 50W)  $519
Xeon L5310(1.60GHz/1066MHz/L2 4MBx2/TDP 50W)  $455
低電圧版のはずなのに
Xeon E5320(1.86GHz/1066MHz/L2 4MBx2/TDP 80W)  $690
Xeon E5310(1.60GHz/1066MHz/L2 4MBx2/TDP 80W)  $455
と比べるとかなりお買い得ですね。
ということは価格改正が入るかも知れませんね。
しかしFB-DIMMが高い・・・

GeForce 8600/8500シリーズの発売日

ocworkbench NVIDIA 8600GTS, 8600GT and 8500GT DX10 Pricing & Availability dates
ようやく発売日が分かりました。
GeForce 8600 GTSは4月17日、GeForce 8600 GTとGeForce 8500 GTは5月
1日に発売されるみたいです。
価格は
GeForce 8600 GTS:$200~$250
GeForce 8600 GT :$150~$180
GeForce 8500 GT :$90

GeForce 8500 GTがなかなかコストパフォーマンス高そうですね。

HavokとAGEIA PhysXについて

4Gamer.net 「Havok」と「PhysX」,2大物理エンジンの最新動向
以前Havok FX 4.5が3月のGDCで発表でも書きましたが、Havokだけでなく、PhysXの情報も出ました。
Havokはプログラムの中で現実的な動きを再現しようとしていますね。
手の位置を変えると自然と物体が移動するなど、起こるべきことがしっかり再現されているようです。
これで今までのように体が重なってめり込む現象が起きなくなれば良いのですが。
特にPhysXは物理演算がゲームの効果ではなく、ゲームの主軸になりつつあるというのが一番大きいですね。
ゲームで"何でも壊せる"というのは今まで無かったですから。
それにしても煙の立ち方や瓦礫の飛び散り方は現実さながらですね。
どちらもこれからの主流になるように頑張ってほしいです。

FSB1333MHzのCore 2シリーズの価格

HKEPC Intel進入1333MHz FSB時代 全港首試Intel Core 2 Duo E6850
以前から情報がでていたFSB1333MHzのCore 2 Duo E6x50シリーズですが、価格がでましたね。
Core 2 Duo E6850(3.00GHz/1333MHz/L2 4MB/65W/2007年 Q3)  $266
Core 2 Duo E6750(2.66GHz/1333MHz/L2 4MB/65W/2007年 Q3)  $183
Core 2 Duo E6550(2.33GHz/1333MHz/L2 4MB/65W/2007年 Q3)  $163
Core 2 Duo E6540(2.33GHz/1333MHz/L2 4MB/65W/2007年 Q3)  $???
全体的に安いですね。
新しくE6540というのが追加されていますね。
E6550からTrusted Execution Technology(TXT)という仮想化技術を利用したセキュリティ技術を取ったものらしいです。
AMDのK10に差をつけるためか、K10の性能が思ったより高いか。
AMDももっと頑張ってほしいです。
X6800より性能の高いE6850が3万5000円程で買えそうですね。
クアッドコアももっと手ごろになれば良いのですが。

Samsung 世界初のハイブリッドHDDを出荷開始

PC Watch Samsung、世界初のハイブリッドHDDを出荷開始
VR-Zone Samsung Shipped Hybrid Hard Drive
 というのはHDDにフラッシュメモリを搭載し、HDDの速度を向上させる技術です。
Windows VistaではWindows ReadyDriveとして標準でサポートされていますね。
そしてこの出荷されたMH80シリーズは128/256MBのフラッシュメモリを搭載し、80/120/160GBモデルがあります。
Samsungによると一般的なHDDに比べWindowsの起動時間が最大50%、消費電力が70~90%低減し、バッテリ駆動時間が30分延長され、信頼性が5倍高くなるらしいです。
まだ2.5インチHDDだけですが、3.5インチHDDのバージョンも出して欲しいですね。

G84 G86の追加情報

HKEPC NVIDIA Releases G84/G86 In April: HDMI Is Not Supported
以前出ていた情報より全体的にクロックが下がってますね。
GeForce 8600 GTS(700→675/2000)
GeForce 8600 GT(600→420/1400)
その上、消費電力は前世代の置き換えと比べて高めみたいです。
性能はATIのRV630よりGeForce 8500 GTの方が性能が高いようです。
ということはGeForce 8600シリーズはそれ以上になるはずです。
HDMIはサポートしないのが残念ですね。
GeForce 8500 GTがなかなか良さそうですね。

Mobility Radeon X2300の3D性能

ocworkbench Benchmark results of AMD ATI X2300 Mobility GPU
ASUS 製品情報 A8Jr
ASUSのノートベアボーン"A8Jr"のGPU Mobility Radeon X2300の性能が分かりました。
64bit幅の128MBのRAMとHyperMemoryで合計256MB使用することが出来るようです。
結果から言えば、まだまだ未完成。
ドライバの完成度が低く、まともにゲームは動きませんね。
蹴茶さんのサイトを参考にしてください。
前世代と変わらないですね。
もうちょっとドライバをがんばって欲しいです。
それともG965のようになるのか・・・

Windows XP用のDirectX 10は無い

VR-Zone No DX10 For Windows XP, says Microsoft
Microsoft Will DirectX 10 be available for Windows XP?
DirectX 10はVistaだけで、DX10対応ゲームをしたければVistaを買えって事みたいですね。
一時期XPでも対応するといわれましたが、Microsoft直々に出ないと発表されましたね。
ゲーマーは多少OSが重くなってもVistaを買わないといけませんね。

GeForce 8800 Ultraと8400 GS

VR-Zone NVIDIA Plans For GeForce 8800 Ultra
新しい名前が出てきましたね。
名前的には性能は8800 Ultraは8600 GTS以上8800 GTS以下。
8400 GSは8300 GS以上8500 GT以下ですね。
バリエーションを増やすのは良いですが価格帯がかぶったりしてややこしいんですけどね。
8800 Ultraは8800 GTSの低クロック版で8400GSは8300 GSの高クロック版ですかね。

Havok FX 4.5が3月のGDCで発表

gamesindustry.biz Next-gen Havok engine to be shown at GDC
Havok FX 4.5の情報が3月5日から9日に行われるGDC 2007で発表されるようですね。
ついにゲームのエフェクト以外の使われ方がされるのでしょうかね。
明日から始まるようですが、どうなるか非常に気になります。

GeForce 8600シリーズは4月17日にローンチ

VR-Zone NVIDIA to Launch GeForce 8600 Series on April 17th
やはり8600 GTSという名前になるのでしょうか。
8600 GTS(700/2000)は7950GTの置き換えで8600 GT(600/1400)は7600 GTの置き換えと少しややこしいですね。
8600 GTSは補助電源が要るようです。
そして新たに7600 GSの置き換えとして8500 GTという名前が出ましたね。
450/800のDDR2で価格は$79~$99となかなかお買い得ですね。
さらに4月末に8300 GSも出るようです。

AMD Intel向けチップセットの開発を続行

DailyTech AMD Will Continue Intel Chipset Development
バスライセンスの更新とか大丈夫ですかね。
RD600で最後と思われたATIのIntel向けチップセットですが、もしかしたらまだ後継が出るかも知れませんね。
問題はIntelがこれを認めるかですね。
Intelとしてはライバル会社のAMDにチップセットを作らせるのはよく思わないでしょうし。
しかしRD600の性能もオーバークロック耐性も良かったので、これからもATIには作り続けて欲しいですね。

OQOのVista Ultimate搭載Ultra Mobile PC

VR-Zone OQO Introduces First Ultra Mobile PC with Vista Ultimate
OQO Products
超小型PCで有名なOQOからWindows Vista Ultimate Edition搭載のUltra Mobile PCの情報が出ました。
5インチの液晶で解像度は800x480です。
CPUはVIAの超低電圧版(ULV)C7-M 1.5GHzです。
メモリは1GB、HDDは60GBと普通に使う分には全く問題ないスペックですね。
グラフィックはVIA VX700で見る限りAeroにも対応するみたいです。
HDMI出力付きで1920x1200までの解像度に対応しています。
もちろん無線LANやUSBなども付いています。
バッテリーは標準で3時間、オプションの大容量バッテリーで6時間です。
標準じゃ少し短い気もしますけどね。
Vistaが動いてこのサイズは凄いですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。