FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB3.0対応のUSBメモリが発売

AKIBA PC Hotline 公称320MB/s、超高速のUSB 3.0メモリが発売
初のUSB3.0対応となるUSBメモリ"RAIDDrive USB 3.0"が発売となったようです。
名前の通り内部でRAID0構成となっており、公称速度はリード320MB/s、ライト180MB/sにもなっています。
容量も大きく、32GB/64GB/128GBモデルがラインナップされており、64GB/128GBモデルが発売中となっています。
価格はそれぞれ42000円/74000円とそれなりの価格になっています。
最高速度で使用するにはドライバを入れ替える必要はあるようですが、SSDすら超える速度は魅力的です。
起動ドライブとして使用できるかは調査中のようですが、こちらも気になりますね。
スポンサーサイト

SDXC対応のノートPCは2010年発売

DailyTech Lenovo, HP, Dell Integrating SDXC Readers in New 32nm Intel "Arrandale" Laptops
SDHCのさらに上位の規格となるSDXCに対応したノートPCは2010年に登場となるようです。
まず採用されるのはArrandaleを搭載したPCからのようですね。
SDXCの規格上の最大容量は2TB、最大転送速度は300MB/sとかなり高速・大容量化を見込んだ規格となっていますね。
速度はUSB2.0の速度を超えているのでPCI-Express接続を使用しているようです。
USB3.0が普及すると外付けカードリーダー/ライターも登場しそうです。
しかし物理的に2TBのメモリがカードに収まるかは怪しいところですが・・・
プロセスがそこまで進むんでしょうかね。

DDR3メモリ用検証アダプタが発売

AKIBA PC Hotline DDR3 DIMMの検証用アダプタ販売中、1,500円
動作検証用として使用するDDR3メモリ用のアダプタが発売したようです。
構造としては非常にシンプルで、ただ単にアダプタに延長用の基板を挟んだだけにも見えますね。
このアダプタを挟むと、悪条件下に置いたものと同じ状態を作ることができるようです。
明確な基準は無いようですが、OC検証用として使えるかもしれないですね。
価格も約1480円と安価なのも魅力です。

エルピーダ 台湾の3社と経営統合へ

Yahoo!ニュース <エルピーダメモリ>台湾3社と統合へ 公的資金申請方針
メモリチップを供給しているエルピーダが台湾のパワーチップセミコンダクター、レックスチップエレクトロニクス、プロモス・テクノロジーの3社と経営統合を交渉しており、最終調整に入っているようです。
台湾は半導体メーカーに公共資金を投入する計画があり、台湾の企業と合併して支援を要請するようです。
やはりメモリ価格の暴落が続いて単独で残るには無理があるようですね。
一時はメモリの価格は上昇しましたが、現在はほぼ横ばいで相変わらず低い水準です。
まだまだメモリ業界の買収・合併などはありそうですね・・・

メモリの価格について

hermitage akihabara 「週明け次第だね」(10/25)
やはり円高の影響がかなり出ているようですね~
特にCPUやメモリ、HDDなど回転の速い商品の価格は円高の影響が大きく、CPUに至っては価格改正並みの価格の下落が起きるようです。
今週末にはメモリ価格がDDR2-800の2GBで2000円割れを起こす可能性もあるようですね。
ANS-9010Bがもうすぐ発売しそうですし、2GBを6枚積むのも良さそうです。

ユーザーには嬉しいですがショップやメーカーは厳しそうですねぇ。
メモリの価格なんて2年ほど前の10分の1なんじゃないでしょうか。
当分はこの状態が続きそうですし、どこが潰れてもおかしくないですね・・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。